« May 2005 | Main | July 2005 »

June 30, 2005

夢枕 獏: 荒野に獣慟哭す 2

記憶を失った男がいつの間にか手にしていた尋常ならざる力で獣人などと戦いながら自分の正体を解き明かしていく現代SFアクションもの。

原作を読んでいたので、コミック化と聞いたときにはどうなることかと思ったが、意外に良くできている印象。
面倒くさい話を一旦整理するところなどは割と読者に気を遣っている。
アクションシーンも見やすいし、今のところ破綻は見られない。

もっとも原作はこんな話だったかな、と読み返してみたくはなるのだった。

夢枕 獏: 荒野に獣慟哭す 2 (2)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2005

目黒 三吉: 低俗霊DAYDREAM 7

原作・奥瀬サキ、漫画・目黒三吉の「口寄せや」と呼ばれる霊媒師のような霊感の強い女性を主人公にした話。

とはいえ、原作者の手による「低俗霊狩り」という作品が元々好きで、その勢いで買い続けているようなもの。
今回は久々にちゃんと事件を解決しているエピソードがあるが、それでもやはり「低俗霊狩り」には敵わないと思ってしまうのだった。

目黒 三吉: 低俗霊DAYDREAM (7)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2005

夢枕 獏: 餓狼伝 16

夢枕獏・原作と言いながら、多くの部分が漫画・板垣恵介によるものとなっているような印象の格闘漫画。

この巻では空手トーナメント2回戦の3試合が収められている。
小説よりも現実に似せたキャラクターを出しているところがコミック版の良さだが、なかなか話が進んでいかない。

もっとも、小説はもっと進んでいないのではあるが...

夢枕 獏: 餓狼伝 16 (16)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2005

木尾 士目: げんしけん 6

大学のオタク系サークルを舞台にした部員(会員?)の日常を描いた作品。

今回は卒業する会長のエピソードが良かったかな。
オタクと男子校卒業者は似たところがあって(ある意味カテゴリーは共有している気がするが)、同年齢の女性との距離の採り方に不慣れなところがある。
一緒に食事をすることにすっごい大きな意味を感じてしまったりね。

そんなエピソードもある6巻は少々薄め。

木尾 士目: げんしけん 6 (6)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2005

菊地 秀行: 夜怪公子―ドクター・メフィスト

「魔震」により外界と隔絶された新宿区を舞台にした「魔界都市」ものの定番キャラクター、ドクター・メフィストを主役にした久々の新作。

今回の相手は月から帰ってきた吸血鬼一家。
いい加減、相手が強くなりすぎて少々つらいものがある。
最後解決するからには弱点があるわけであって、そこへ至る部分がしっかりしていないと拍子抜けしてしまう。
鳴り物入りの吸血鬼一家も意外にあっけないし、主役にした割にメフィストはほとんど活躍していないし、ダミーも多すぎ...

最大の欠点は厚すぎること。おかげで更新が滞ってしまいました。

菊地 秀行: 夜怪公子―ドクター・メフィスト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2005

安彦 良和: 愛蔵版 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN vol.1 始動編

やっぱり買ってしまった愛蔵版。
カラーページがそのまま収録されているのはやはり有り難い。
単行本では却って見難かったカラーページの白黒印刷が解消されているだけでも価値はある。
カラーページのせいで紙質も上がっているのかな? 詳しくないけれど。
そう考えないと難しい価格設定ではある。
もっとも、安彦オリジナルテイストが徐々に出てくることが分かっている分、覚悟はできているのだった。

安彦 良和: 愛蔵版 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN vol.1 始動編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2005

安彦 良和: クルドの星 (下)

日本人とクルド人の血を引く少年が運命に翻弄されながら活躍する冒険活劇の後半。

トルコとソ連(当時)の国境にあるアララト山を舞台に方舟伝説も絡めながら、SF的な味付けで冒険は進んでいく。
素材自体は大変面白いのだが、ラストに向かっていくにつれておざなりの部分が多くなり、最後は消化不良の感は否めない。
それはあとがきで本人も述べているのだが...

できることなら、この続編を書いてほしい感じがしないでもない。

安彦 良和: クルドの星 (下)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2005

清原 なつの: 二十歳のバースディ・プレート

清原なつのの単行本未収録作品を集めた作品集。

こちらはぶ~けに連載していた「二十歳のバースディ・プレート」を中心に収録。
引っ越し時に見つけたこれまでのバースディ・プレートを見ながら、その当時の出来事を回想する構成。
その年代の時代背景を交えている辺りがリアルタイムに体感していた向きにはたまらないだろう。
連載も面白く読んでいたのだけれど、単行本化されなかったのは、それらの時代を知らない若い年代にウケが悪かったのだろうか。

巻末には作品リストも掲載され、資料価値も高い。

清原 なつの: 二十歳(はたち)のバースディ・プレート

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2005

清原 なつの: サボテン姫とイグアナ王子

清原なつのの単行本未収録作品を集めた作品集。

1980年代の同人誌掲載作品から2004年の一般誌掲載作品まで幅広い作品を見ることができる。
トータルとしてのテーマはさほど感じられず、単に単行本未収録作品を集めたことに意義があるように感じられる。

清原 なつの: サボテン姫とイグアナ王子

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2005

ゆうき まさみ: 鉄腕バーディー 9

9巻はバーディーとゴメスが初めてやり合う。さらにバーディーの上司としてなごみキャラも登場。
アクションと謎解きが程よいバランス。話の進展がないのは相変わらず。
何となくバーディーの露出が多くなってきたような気がする。

ゆうき まさみ: 鉄腕バーディー 9 (9)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2005

夢路 行: あの山越えて 6

実家近くで農業をしたいという夫に付き合い田舎暮らしを始めた女性教師の話の第6弾。

上のようにまとめると何となくぎすぎすした雰囲気になるけれど、カントリーライフを満喫しながら自然や子供たちの成長に新たな発見を通じて充実した日々を送る姿を描いている。
驚くような事件はないけれど、お互いの気持ちのすれ違いや修復にきちんと向き合っているのがリアリティを感じさせ、穏やかな感動を生む。

その意味では相変わらずだけれど、姪のまりなちゃんの進路が最大の関心事の巻。

夢路 行: あの山越えて 6 (6)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2005

野沢 尚: 竜時 (02-03)

単身スペインに渡ったサッカー少年の話の第二弾。

舞台設定は前作の次シーズンとなり、チームを移籍しトップチームのスーパーサブとして使われるようになっている。
スペインの新しい街で新しい出会いも描かれるが、どちらかといえば主人公の活躍よりも、いかにスペインにサッカーが人々の生活の一部として溶け込んでいるかをもっとも激しいダービーマッチを背景に描いている。
そこには国に対する想いといったものも密やかに流れ、最後、日本代表との親善試合で爆発する。
そうした構成は良いのだけれど、少々うまく行きすぎのきらいがあって、時に17歳という年齢設定を忘れてしまうのが玉に瑕。

野沢 尚: 竜時 (02-03)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »