« レディ・ジョーカー | Main | 遠崎 史朗: アストロ球団 »

August 22, 2005

井出 ちかえ: ビバ!バレーボール

1970年頃に連載されていた少女向けバレーボールスポ根もの。文庫で全3巻。

アストロ球団が実写化される今、30年以上前のコミックの大胆さが面白いと勧められたもの。
天才でもエリートでもなく、弱虫泣き虫の中学生の主人公が努力によってジュニア日本代表になるという典型的なスポーツもの。

・ライバルのスパイクを目に受けて失明の危機に
・試合中に主人公の薬を取りに行った後輩が事故で死亡
・ソ連チームエースの消えるスパイク
・主人公がいきなりソ連代表チームに
・謎の少年院チームとの戦い
・チームメイトの生き別れの妹が北朝鮮チームのエースに
・空中でエビぞりする弓状スパイクを打ったら背骨が折れて死亡

これらのトピックだけ抜き出すと荒唐無稽に思えるが、意外にも展開の中でスムーズに扱われている印象。
時代を感じさせる絵柄以上の驚きはあまりない。

後半になって、カラーページあり、見開きが登場し、主人公の私服がファッション雑誌のようになって、ポージングが挟まるなど、当時の少女コミックの進化が読み取れて興味深い。

当時はこうしたコミックによって、スポーツをする女性が増えていたものだと想像されるが、今は現実にはスポーツ界に女性の活躍がめざましい割に少女向けコミックでスポーツを描いたものが少ない、いやないなと思った次第。

井出 ちかえ: ビバ!バレーボール (1)

|

« レディ・ジョーカー | Main | 遠崎 史朗: アストロ球団 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 井出 ちかえ: ビバ!バレーボール:

« レディ・ジョーカー | Main | 遠崎 史朗: アストロ球団 »