« なるしま ゆり: 少年怪奇シリーズ (3) 仔鹿狩り | Main | 戸田 誠二: 化けの皮 »

August 14, 2005

戸田 誠二: 唄う骨

グリム童話を基にした短編5作。

グリム童話が実は残酷で人間の本質を突く怖いエピソードだというのは、何年か前に流行った本にあったけれど、それのコミック版と言ったところ。

人の弱い心を描いてきた作者の作風とも相まって、これらのエピソードはとても現代的な雰囲気を醸し出している。
昔も今も人の弱さという本質の部分は変わらないと言うことか。
そんな読書感想文を書きたくなるような作品。

戸田 誠二: 唄う骨

|

« なるしま ゆり: 少年怪奇シリーズ (3) 仔鹿狩り | Main | 戸田 誠二: 化けの皮 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 戸田 誠二: 唄う骨:

« なるしま ゆり: 少年怪奇シリーズ (3) 仔鹿狩り | Main | 戸田 誠二: 化けの皮 »