« 約三十の嘘 | Main | 井出 ちかえ: ビバ!バレーボール »

August 21, 2005

レディ・ジョーカー

ビール会社社長の誘拐事件を中心としたサスペンスもの。初見。

「レディ・ジョーカー」と名乗る犯人グループは誘拐した社長を解放したあとも金銭の要求と受け渡しを巡って会社側の思惑も見越して、警察の裏をかいていく。
その中で被差別部落や在日朝鮮人といった差別問題、会社と総会屋のつながり、警察組織内の縦割り構造など社会問題を描き出していく。

犯人グループは冒頭から画面に現れており、犯人当ての要素はほぼない。ことごとく裏をかかれる警察との間には犯人との息詰まる攻防という描写も少ない。
ストーリー展開にどんでん返しもなく、淡々と社会問題が浮き彫りになっていく様を見せつけられる。

豪華な役者陣は期待に違わぬ演技を見せており、その部分は救われる。

: レディ・ジョーカー

|

« 約三十の嘘 | Main | 井出 ちかえ: ビバ!バレーボール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レディ・ジョーカー:

« 約三十の嘘 | Main | 井出 ちかえ: ビバ!バレーボール »