« とり みき: クルクルくりん (1) | Main | 佐藤 秀峰: ブラックジャックによろしく 12 »

September 20, 2005

小川 一水: 老ヴォールの惑星

4編の中編が収められたSF文庫。

「ギャルナフカの迷宮」は、地下迷宮に投獄された政治犯の話。限られた環境の中で投獄されたもの同士は如何に生き延びていこうとするかを迫られる。
争いや略奪が横行する中で、同盟や協力関係が結ばれ、それを追究する内、社会を形成していく様子を描いている。

「老ヴォールの惑星」は、木星型ガス惑星に生まれた知性体が他の惑星にコンタクトを試みる話。
まったく異なる生態の生物を頭の中で描き出すまでが一苦労。

「幸せになる箱庭」は、人類が木星の大赤班の中で発見した異星被造物を通して、異星人とコンタクトを試みる話。
知性の発達した異星人と仮想現実を巡るやりとりは興味深い。

「漂った男」は、未開の惑星に不時着した男の話。海に落ちた男は十分に温暖で穏やかで栄養価の高い環境のために、星間通信機によってコミュニケーションを保ちながらいつまでも漂いながら生き続ける。
孤独についての示唆に富んだ印象を受ける。

いずれも似たテイストは持ちながらも、題材は異なり、それぞれが高いレベルで面白く読むことができる。
著者の高い実力をうかがい知ることのできる作品集。

小川 一水: 老ヴォールの惑星

|

« とり みき: クルクルくりん (1) | Main | 佐藤 秀峰: ブラックジャックによろしく 12 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/6013235

Listed below are links to weblogs that reference 小川 一水: 老ヴォールの惑星:

« とり みき: クルクルくりん (1) | Main | 佐藤 秀峰: ブラックジャックによろしく 12 »