« 安永 知澄: やさしいからだ | Main | 夢路 行: モノクローム・ガーデン 4 »

October 05, 2005

谷地 恵美子: サバス・カフェ

インターナショナルスクールに通う少年の話。文庫版を一気読み。

シカゴからの帰国子女である少年は幼い頃の厳しい境遇故に他人に心を開かずにいたが、やがてクラスメートたちの関係から心を開くようになり、徐々に世界を拡げていく。
拡げていった末に、自分の出生の秘密にまで辿り着く。

少女コミックの王道ではあるけれど、読みやすくテンポも良い。ラストに至るまでの盛り上がりは感動を誘う。

谷地 恵美子: サバス・カフェ (1)

|

« 安永 知澄: やさしいからだ | Main | 夢路 行: モノクローム・ガーデン 4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 谷地 恵美子: サバス・カフェ:

« 安永 知澄: やさしいからだ | Main | 夢路 行: モノクローム・ガーデン 4 »