« 北原 尚彦: 本屋にはないマンガ | Main | よしなが ふみ: 大奥 1 »

October 01, 2005

島田 雅彦: 退廃姉妹

戦後の混乱期をそれぞれの信念に従って生き抜く女性たちの姿を描いた作品。

決して貧しくはない家に育った有希子と久美子の姉妹は、敗戦によって戦時中のつらさから解放されるが、父親の逮捕によって自らの手で生きていかなければならなくなる。
姉の有希子は動員学徒を待ち続けることによって、妹の久美子は積極的に占領軍と付き合い憧れのアメリカ文化を受け入れようとする。

戦後の混乱期を知るよしもないが、これも一つの現実であったのだろうと思わせてくれる。
きれい事ではなく、その時期に女性が何をしなければ生きていけなかったのか、その点は否定されることはないのではないだろうか。
とはいえ、悲惨さばかりではなく、厳しい環境の中でたくましく生き抜こうとしている女性たちの前向きで真摯な姿勢が頼もしく、また胸を打つ。

島田 雅彦: 退廃姉妹

|

« 北原 尚彦: 本屋にはないマンガ | Main | よしなが ふみ: 大奥 1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/6198132

Listed below are links to weblogs that reference 島田 雅彦: 退廃姉妹:

« 北原 尚彦: 本屋にはないマンガ | Main | よしなが ふみ: 大奥 1 »