« 島田 雅彦: 退廃姉妹 | Main | 浅野 いにお: ひかりのまち »

October 02, 2005

よしなが ふみ: 大奥 1

男性のみが罹る疫病により人口が女性の4分の1になってしまったという架空の江戸時代を描いた作品。

極端にアンバランスな人口構成により、社会を構成する役割は女性のものとなり、男性は子孫を残すための道具となる。
その象徴として大奥があり、閉鎖されたその環境の中でのやりとりが描かれる。

こうした男女逆転の社会を描いた作品はこれまでもいくつかあったと思うが、江戸時代を舞台にした一気の流れは無理矢理な設定に突っ込む暇も与えず、読むものをその世界に引き込んでしまう。

1巻前半の主役、水野が大奥の中で成り上がっていくテンポもよく、あまりネチネチ度が高くない分、気持ちがよい。
将軍吉宗(もちろん女性)の気っ風の良さもまた格別。

ちょっと謎解きの要素も含んだ設定が次巻への大きな期待を抱かせる。

よしなが ふみ: 大奥 1 (1)

|

« 島田 雅彦: 退廃姉妹 | Main | 浅野 いにお: ひかりのまち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference よしなが ふみ: 大奥 1:

« 島田 雅彦: 退廃姉妹 | Main | 浅野 いにお: ひかりのまち »