« 曽田 正人: capeta THE GUIDE BOOK | Main | 宮本 輝: にぎやかな天地 »

October 31, 2005

唯野 未歩子: 三年身籠る

妊娠期間が十月十日を過ぎて三年にもなろうかという女性の話。
2006年公開予定の映画の原作でもある。

公開の決まっていて観る予定のある映画の原作は極力読まないようにしている。変なイメージを観る前に付けたくないからだ。
けれど、女優・唯野未歩子のファンを自任する身としては、彼女の初監督・脚本作品の自らの手によるノベライズを読まないわけにはいかない。

母、祖母、妹の女4人で暮らしていた主人公は引っ越しを機会に結婚して(逆ではない)家を出る。
そんなきっかけにしか過ぎなかった夫は主人公にとって「ぶきみな生きもの」でしかなく、浮気をしていることにも無頓着で、妊娠を機にその想いは強くなっていく。
しかし、妊娠10ヶ月を過ぎたところで二人の関係が次第に変化し始め、夫の態度も主人公の見方も変わり、やがて転機を迎える。

章立ては1年目、2年目、3年目と分かれており、文体は三人称で、主人公と妹の視点が切り替わる。
幼い頃の思い出や、服装や料理の細かな描写、身の回りにある日常に対する気持ちや気分を描き重ねていくことで登場人物の人となりを作り上げていく手法は、特に1年目に強く見られ、初期の江國香織の作品を思い起こさせる。

1年目はほぼ人物を描くことに重きが置かれ、あまり物語は進まず、これを映画にするには大変だろうという想いに駆られてしまう。
それに比較すると、2年目と3年目は主人公のお腹が大きくなり動きが取りづらくなる一方で物語は動きを増し、ラストへと向かっていく。この辺は、映像にしてもなかなか見所となると感じられる。

惜しむらくは、主人公もさることながら奔放な妹まで、女優である作者の演技を知っていると、本人のイメージしか浮かんでこないことだ。
小説だけであれば問題ないのかもしれないが、映画となれば誰が演じるかが出来に大きく関わってくることだろう。特に妹とその彼氏が重要かと。
とりあえず映画も観に行くことは決定。

唯野 未歩子: 三年身籠る

|

« 曽田 正人: capeta THE GUIDE BOOK | Main | 宮本 輝: にぎやかな天地 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/6755419

Listed below are links to weblogs that reference 唯野 未歩子: 三年身籠る:

» 唯野未歩子 女優→脚本→監督! [女と映画 ☆WOMAN IN FILM☆     女は映画の中の女に惚れ...]
今日は、とある新人女性監督のご紹介をしたいと思います!唯野未歩子(ただのみあこ)さんです。こちら、アンオフィシャルサイト。現在、32歳です。妙齢!元々は、自主映画系、演劇系の映画に出ていた方なのですが、ここ数年は、商業低予算映画や、CMでも、出演するよう...... [Read More]

Tracked on November 08, 2005 at 09:51 PM

« 曽田 正人: capeta THE GUIDE BOOK | Main | 宮本 輝: にぎやかな天地 »