« BLOOD THE LAST VAMPIRE デジタルマスター版(UMD Video) | Main | 夢枕 獏: 餓狼伝 17 »

November 07, 2005

大塚 英志: 多重人格探偵サイコ/新劇 雨宮一彦の消滅

コミック「多重人格探偵サイコ」の戯曲版脚本。

すでにコミック、TVドラマ、小説、ドラマのノベライズと多様なメディアの中でバリエーションを増やしている「多重人格探偵サイコ」を知らないと到底読みこなせない内容。
しかも大塚英志の最近の活動を反映するかのように、日米の関係が解説されていたりもする。

ラストはリアルとフィクションとの関係を、物語の内と外と捉えて物語の外に出ようとする登場人物たちの姿を描いている。
そのモチーフは小説版辺りで出てきたものだっただろうか。その意味で新しいラストが描かれているわけではないので、コミック版を読んだだけの読者には面白くないかもしれない。

確かにリアルとフィクションの関係を描くのに演劇というメディアは表現方法として合っているように思える。
とはいえ、演劇に詳しくない自分には稚拙に思えるようなこの本を読んだ演劇界の人々が果たして舞台にかけたいと思えるものかどうかは疑問。

大塚 英志: 多重人格探偵サイコ/新劇 雨宮一彦の消滅

|

« BLOOD THE LAST VAMPIRE デジタルマスター版(UMD Video) | Main | 夢枕 獏: 餓狼伝 17 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/6923431

Listed below are links to weblogs that reference 大塚 英志: 多重人格探偵サイコ/新劇 雨宮一彦の消滅:

« BLOOD THE LAST VAMPIRE デジタルマスター版(UMD Video) | Main | 夢枕 獏: 餓狼伝 17 »