« 枡野 浩一: あるきかたがただしくない | Main | 大場 つぐみ: DEATH NOTE 10 »

February 04, 2006

菊地 秀行: 魔性迷宮

『魔界都市<新宿>』を舞台に謎の風呂敷包みを巡る争いを描いた作品。

作者の十八番、魔界都市を舞台にしてはいるが、秋せつらもメフィストも出てこない。
他シリーズからのキャラクター、死なずの醍醐や神を食った男を登場させて、ストーリーに派手さを与えている。
それらが相乗効果として面白くしているかというと、ビミョーな感じ。若干かぶっているキャラクターもいるし。

まぁ、魔界都市ファンには揃えておいてもよいかという感じ。
読み終えるのに1ヶ月以上もかかってしまった。

菊地 秀行: 魔性迷宮

|

« 枡野 浩一: あるきかたがただしくない | Main | 大場 つぐみ: DEATH NOTE 10 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/8497648

Listed below are links to weblogs that reference 菊地 秀行: 魔性迷宮:

« 枡野 浩一: あるきかたがただしくない | Main | 大場 つぐみ: DEATH NOTE 10 »