« 三年身籠もる | Main | 曽田 正人: capeta(カペタ) 10 »

February 21, 2006

曽田 正人: め組の大吾〔文庫版〕 8

若き消防士の活躍を描いた作品。

無事にレスキューの任務を終えた大吾はめ組に戻って病院火災を食い止める。
千石市消防局には2機目の消防ヘリが導入。臨海部に建設中の千石沖国際空港への対応に当たる。
そんな中、事故がなければ輝けない自分について大吾は思い悩む。

そう言えば、こんなエピソードもあったな、と思わせるほど、忘れていることが多い。もっと巻数も少なかった印象だったのだが。
全体的にはインターミッションといった感じの巻。

曽田 正人: め組の大吾〔文庫版〕  8

|

« 三年身籠もる | Main | 曽田 正人: capeta(カペタ) 10 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 曽田 正人: め組の大吾〔文庫版〕 8:

« 三年身籠もる | Main | 曽田 正人: capeta(カペタ) 10 »