« 菊地 秀行: 魔性迷宮 | Main | あずみ2 ツインパック »

February 05, 2006

大場 つぐみ: DEATH NOTE 10

名前を書くと、その名の持ち主を殺すことができる死神のノート、デスノートを巡る物語。

頭脳戦で追いつめられた夜神月は、キラの役割を新たなキャラクターに与え、自分への疑いを逸らそうとする。
それを追うネロとメロ。舞台は日本へと移っていく。

圧倒的なテキスト量は相変わらず。頭脳戦ばかりだった昨今に比べると、ノートを使っている状況が分かりやすく、また久々の新キャラクターがアクセントになっている。

気になるのは帯の「映画化決定」の文字。夜神月は藤原竜也だそうだが、それはさておき他のキャラクターを誰がやるのか気になるところ。
また、ストーリーのどこまでを描くのかも気になる。延々と続く、にしておくわけにはいかないだろうし。
監督は金子修介らしいので、ある程度信頼はできそうだけれど。

大場 つぐみ: DEATH NOTE 10 (10)

|

« 菊地 秀行: 魔性迷宮 | Main | あずみ2 ツインパック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大場 つぐみ: DEATH NOTE 10:

« 菊地 秀行: 魔性迷宮 | Main | あずみ2 ツインパック »