« ひらりん: 多重人格探偵サイチョコ 2 | Main | 小山田 いく: きまぐれ乗車券 »

March 02, 2006

幸村 誠: ヴィンランド・サガ 1・2

北欧バイキングを描いた作品。

「プラネテス」の幸村誠の新作という見出しに誘われ、1巻、2巻と一気買い。

1巻はアシェラッドという首領が統率する「北の民」の傭兵集団と、その集団に属するトルフィンという少年兵の活躍を描く。
1巻の後半から2巻は、トルフィンがアシェラッドの団に属しながらもアシェラッドに決闘を申し込む間柄になった理由を、過去から描いている。

舞台設定からして、知っているようで、あまり知らない題材を持ってきているのが心憎い。
父親の敵をつけ狙ったり、その父親が名だたる戦士なのに戦いを捨てて平和を愛するようになっていたりといったモチーフは、これまでどこかで読んだような気がするけれど、設定だけで新鮮な印象を受ける。

次巻が楽しみな作品がまた1つ増えた...

幸村 誠: ヴィンランド・サガ 1 (1)

|

« ひらりん: 多重人格探偵サイチョコ 2 | Main | 小山田 いく: きまぐれ乗車券 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幸村 誠: ヴィンランド・サガ 1・2:

« ひらりん: 多重人格探偵サイチョコ 2 | Main | 小山田 いく: きまぐれ乗車券 »