« 獣木 野生: 午前の光 2 | Main | 浦沢 直樹: 20世紀少年 21―本格科学冒険漫画 »

March 07, 2006

夢枕 獏: キマイラ青龍変

長編小説キマイラシリーズの最新刊。
まるまる一冊がサイドストーリーで構成されており、外伝とも言うべき作品となっている。

この巻で描かれているのは宇名月典善と龍王院弘。
正直、本編でどのような関わりをしているキャラクターだったか思い出せない。
読み始めてしばらく経ったところで、本編ではないと分かったくらいだ。

さらに、この巻には本編のストーリーであるキマイラに関わる描写はまったくない。
龍王院弘が宇名月典善と出会い、格闘技(格闘術?)を学んでいく様が淡々と描かれている。

それなのに、面白い。
キマイラシリーズがどんな展開まで来ていたのか思い出せなかったにも関わらず、最後まで気にならずに読むことができた。
多分、これまでキマイラシリーズを読んだことのない人でも本編に関わる内容がないため単純に格闘技小説として面白く読めるはずだ。

やはり格闘技を描かせたら夢枕獏は掛け値なしに面白い。
そのことを再認識させられる一冊。

夢枕 獏: キマイラ青龍変

|

« 獣木 野生: 午前の光 2 | Main | 浦沢 直樹: 20世紀少年 21―本格科学冒険漫画 »

Comments

TBさせていただきます。

私は当たり前のように「外伝」という情報を持っていたので気になりませんでしたが、たしかにいきなり読んだら戸惑うかもしれませんね。

本編のほうでは、龍王院弘は宇名月典善の元を離れているので、この二人をじっくり書いてくれたのは嬉しいところでした。

Posted by: ろっく | April 09, 2006 at 09:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/8955384

Listed below are links to weblogs that reference 夢枕 獏: キマイラ青龍変:

« 獣木 野生: 午前の光 2 | Main | 浦沢 直樹: 20世紀少年 21―本格科学冒険漫画 »