« 佐藤 秀峰: 特攻の島 1 | Main | 田中 メカ: 7時間目ラプソディー »

May 04, 2006

樹 なつみ: 獣王星 3 完全版

地球を遠く離れた星系で親の敵を討つべく過酷な環境を生き抜く少年の話。完全版の最終巻。

2巻までは割と丹念に描かれていた世界観と少年の出世物語だったが、3巻では怒濤とも言うべき勢いでラストに向かっていく。
少年トオルが過酷な惑星に落とされた理由や周りの人間の正体、思惑などが次々と明らかになっていく。そして、待ち受ける惑星の運命を左右するような最大の試練。

それらは、本来ここまで描かれたストーリーを補完するものとしてしっかり描かれなければならないはずだが、意外にあっさり登場人物のセリフによって説明されてしまうだけとなる。
また、最大の試練も科学考証無視の荒唐無稽なハリウッドSF大作映画(「THE CORE」?)のようで、突っ込みどころが満載。オチに当たるところも自然の力を讃えるのもいいが、あまりに間が抜けすぎていて折角の設定を生かし切れていない。

それに合わせて画力が落ちているのも気になる。
主人公が試練に立ち向かっていくアクションシーンも効果線ばかりで緊迫感に欠ける。

総じて、ラストに至るスケジュール(ページ数を含む)に間に合わせて描かれたような印象を受けてしまう。

完全版というなら、1ページだけのあとがきではなく、そうした不満足な部分を補って欲しかった。
不満足でないというのならば、仕方のないところだけれど。

樹 なつみ: 獣王星 3 完全版 (3)

樹 なつみ: 獣王星 3 完全版 (3)

|

« 佐藤 秀峰: 特攻の島 1 | Main | 田中 メカ: 7時間目ラプソディー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 樹 なつみ: 獣王星 3 完全版:

« 佐藤 秀峰: 特攻の島 1 | Main | 田中 メカ: 7時間目ラプソディー »