« 西村 しのぶ: アルコール 2 | Main | 戸田 邦和: 龍時 »

June 10, 2006

わかつき めぐみ: ゆきのはなふる

山の主さまたちを描いたリリカルファンタジー短編集。

雑誌に掲載された短編は主さまという不思議な存在たちの色恋沙汰を描いたもの。
現実の存在でこういう話を描こうとすると、生々しすぎるようになってしまったのかなとも思ったりする。
それだけに、こうしたリリカルと形容したいストーリーは貴重。

タイトルにもなっている話は書き下ろしで最も長いというファンには嬉しい構成。
これだけが色恋沙汰とは違ったファンタジー色の濃いストーリーとなっている。
ちょっとSFも入っているような、かわいいだけでなくちょっと泣けたりもするこうした寓話は作者の真骨頂と思っていたりするのだった。

わかつき めぐみ: ゆきのはなふる

わかつき めぐみ: ゆきのはなふる

|

« 西村 しのぶ: アルコール 2 | Main | 戸田 邦和: 龍時 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference わかつき めぐみ: ゆきのはなふる:

« 西村 しのぶ: アルコール 2 | Main | 戸田 邦和: 龍時 »