« 奥瀬 サキ: 夜刀の神つかい 10 | Main | 『週刊東洋経済』村上ファンド特別取材班: トリックスター 「村上ファンド」4444億円の闇 »

August 29, 2006

さそう あきら: トトの世界

猟奇殺人犯に監禁され犬と共に育てられた言葉を持たない少年と少年に言葉を教えようとする女子高生の話。文庫全3巻を一気読み。

当初は単なる自然児の話かと思っていたら、少年の正体、猟奇殺人犯の動機など、ミステリーの要素が露わになっていき、少年は少女と共に狙われるようになっていく。
協力してくれる大人たち、とりわけ新聞記者の描かれ方は若干薄いけれど、きちんとミステリーとしてのストーリーテリングがなされている。

ハートウォーミングではないけれど、ドラマとしては上出来。

さそう あきら: トトの世界 1 (1)

さそう あきら: トトの世界 1 (1)

|

« 奥瀬 サキ: 夜刀の神つかい 10 | Main | 『週刊東洋経済』村上ファンド特別取材班: トリックスター 「村上ファンド」4444億円の闇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/11601688

Listed below are links to weblogs that reference さそう あきら: トトの世界:

« 奥瀬 サキ: 夜刀の神つかい 10 | Main | 『週刊東洋経済』村上ファンド特別取材班: トリックスター 「村上ファンド」4444億円の闇 »