« 小川 一水: 天涯の砦 | Main | カトリーヌあやこ: カトリーヌあやこが見た!0勝2敗1分。 »

September 05, 2006

新井 英樹: 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻

圧倒的な暴力と力を描いた作品の復刻版、2巻同時発売。

ヤングサンデー連載時には欠かさず読んでいたけれど、単行本は買わずにいたので、この機会に一気読み。

爆弾魔トシと圧倒的な暴力を誇示するモンの2人組と謎の生物ヒグマドンの巻き起こす大量殺戮と、それに向き合う人々の姿を描いている。

雑誌連載だけでは、前振りがすごく長くて、ストーリーが動き出すのが遅かった印象があったが、今回の1巻だけでストーリーは十分に動いており、こんなにもテンポの良い作品だったのかと驚かされる。
それでいて、マスコミの暴力的な取材攻勢などは不愉快になるほど丹念に描いていてメリハリがとても効いている。

"真説"とされているだけに、各巻に作者のインタビューと当時の編集者によるロケ苦労話が挿入されている他、大幅な加筆修正も帯に惹句として宣言されている。
記憶に依れば、連載時のラストはヤングサンデーの編集方針変更による(としか思われない)大量の連載終了の中、かなり拙速な印象があったので、それがどのように変わっているのか、確認したい。
全5巻予定。

新井 英樹: 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻

新井 英樹: 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻


新井 英樹: 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (2)巻

新井 英樹: 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (2)巻

|

« 小川 一水: 天涯の砦 | Main | カトリーヌあやこ: カトリーヌあやこが見た!0勝2敗1分。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新井 英樹: 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻:

« 小川 一水: 天涯の砦 | Main | カトリーヌあやこ: カトリーヌあやこが見た!0勝2敗1分。 »