« 幸村 誠: ヴィンランド・サガ 3 | Main | 鶴田 謙二 他: 日本ふるさと沈没 »

October 30, 2006

新井英樹: 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン5巻

圧倒的な暴力と力を描いた作品の復刻版の最終巻。

逃走を図ったトシとモンは、武器も絶え、山中で警察に取り囲まれる。
同行していたマリアは警察の発砲により命を落とす。
その瞬間、そこへ出現したヒグマドンにより、トシは捕まり、モンは行方不明となる。

その後はヒグマドンの変容と共にエピローグともネタバレともつかないエピソードが語られていき、やがて衝撃的な結末を迎える。

大幅加筆とのことだが、残念ながら単行本を持っていないので比較はできない。
雑誌連載時の記憶を呼び起こせば、いくつかのエピソードは丁寧に描かれている気はする。
ただし、衝撃的な結末には変わりはない。
あの結末が、雑誌連載打ち切り時の自暴自棄になったものではなく、一応はきちんと描かれていたことに安心を覚えると共に、その在り方には改めて考えさせられるのであった。

新井英樹: 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン5巻

新井英樹: 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン5巻

|

« 幸村 誠: ヴィンランド・サガ 3 | Main | 鶴田 謙二 他: 日本ふるさと沈没 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新井英樹: 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン5巻:

« 幸村 誠: ヴィンランド・サガ 3 | Main | 鶴田 謙二 他: 日本ふるさと沈没 »