« 禿禿祭(はげちびさい) | Main | 平野 史: サッカー監督はつらいよ »

January 22, 2007

夢枕 獏: 新装 餓狼伝〈the Bound Volume 2〉

世界最強を追い求める男達を描いた格闘技小説「餓狼伝」の合本第2弾。

「餓狼伝Ⅳ」「餓狼伝Ⅴ」「餓狼伝Ⅵ」「餓狼伝Ⅶ」を収録。

巻末には格闘技関連年表を収録。
「餓狼伝」がどのような時期に描かれ、現実の格闘技がそれをなぞるかのように発展していったことが分かる。
とはいえ、その頃の記憶がある人間にはまだしも、最近になって興味を持った人には少々不親切かもしれない。
最近の出来事にしても、曙の負けなど年表に入れるには些末と思われる内容が多く、バランス感覚は今ひとつ。

夢枕 獏: 新装 餓狼伝〈the Bound Volume 2〉

夢枕 獏: 新装 餓狼伝〈the Bound Volume 2〉

「餓狼伝Ⅳ」
堤城平と丹波文七が東洋プロレス会場でトラブルに巻きこまれ、東洋プロレスが格闘技オリンピック開催を宣言するところまで。
19年前の回想で伊達潮男vs.松尾象山は松尾象山の勝利。
プロレス会場リング下での堤城平vs.ダグ・シンプソンは堤の勝利。

「餓狼伝Ⅴ」
グレート巽がアメリカ修業時代に地下プロレスに出場した話。
冒頭で北辰館の道場にて堤城平vs.長田は引き分け。
丹波が木島から聞いた話として地下プロレスでのグレート巽vs.リチャード・ダグラスはグレート巽の勝利。

「餓狼伝Ⅵ」
格闘技オリンピックと北辰館のオープントーナメント前半。
格闘技オリンピックにて丹波文七vs.堤城平は虎王で丹波文七の勝利。
北辰館オープントーナメントは長田と姫川が勝ち進み、決勝戦でぶつかる直前まで。

「餓狼伝Ⅶ」
北辰館オープントーナメント後半から世界格闘技イベントの出現まで。
北辰館オープントーナメント決勝戦姫川vs.長田は姫川が腕を折られながら勝利。
藤巻十三が突如現れ姫川に対決を申し込み、特別試合姫川vs.藤巻は姫川の勝利。
特別試合松尾象山vs.ソムチャイ・ルークパンチャマは松尾象山のKO勝ち。
後半で葵流の3兄弟と梅川丈次が登場。

|

« 禿禿祭(はげちびさい) | Main | 平野 史: サッカー監督はつらいよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/13479080

Listed below are links to weblogs that reference 夢枕 獏: 新装 餓狼伝〈the Bound Volume 2〉:

« 禿禿祭(はげちびさい) | Main | 平野 史: サッカー監督はつらいよ »