« 安彦 良和: 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 3 ランバ・ラル編 | Main | 安田 剛士: Over Drive »

June 04, 2007

よしなが ふみ: フラワー・オブ・ライフ 4

様々な事情を抱えながらも楽しく生きている高校青春ものの最終巻。

これまでの3巻で各キャラクターの関係性は築かれているので、この巻では新たな関係性を作るのではなく、それまでの関係が軋んでいく際の悲しみやつらさが、それでも前向きに生きていこうという力強さと共に描かれている。
小さな笑いのツボはそこかしこにあるのだけれど、通して読むとよく分かる生きていくことで決して避けられない痛みが良く感じられ、涙を禁じ得ないのだった。

友人同士の関係、男女の恋愛関係、ものをつくる(マンガを描く)と言うこと、ものを送り出す(マンガの編集)と言うことなどが、並行で進んでいながら分かりにくくもなく、バランス良く展開していくのが絶妙。

読んでいると、これを実写で見たいな、と思わずにはいられない。
けれど、各キャラクターを演じられる俳優がなかなか思いつけない。
多分に注目している関係者もいるのだろうけれど、作品の持ち味を消してしまい、タレント人気に頼ったようなドラマ化だけは勘弁してもらいたいものだ。

よしなが ふみ: フラワー・オブ・ライフ 4 (4)

よしなが ふみ: フラワー・オブ・ライフ 4 (4)

|

« 安彦 良和: 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 3 ランバ・ラル編 | Main | 安田 剛士: Over Drive »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference よしなが ふみ: フラワー・オブ・ライフ 4:

« 安彦 良和: 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 3 ランバ・ラル編 | Main | 安田 剛士: Over Drive »