« 山田 芳裕: デカスロン 5 | Main | 内沢 旬子: 世界屠畜紀行 »

July 15, 2007

綱本 将也: GIANT KILLING 1

元Jリーガーが監督として自分の在籍した弱小クラブに戻ってくる話。

達海猛は海外に渡って消息が不明だったが、イングランドのアマチュアクラブの監督として地元の熱烈な支持を集めていた。
その真骨頂は弱いチームが強いチームを破る大番狂わせ=GIANT KILLING。

日本に戻ってきても、初日から自分のやり方でチーム内の常識を覆していく。

勝利への明確な意志と作戦によって、大番狂わせを演出していく主人公の姿はとても爽快で気持ちがよい。
1巻では、ある手駒を効果的に使うという監督の力だけしか見られなかったが、選手を育てる力もきちんと描かれるのか、次巻以降に期待が持てる。

綱本 将也: GIANT KILLING 1 (1) (モーニングKC)

綱本 将也: GIANT KILLING 1 (1) (モーニングKC)

|

« 山田 芳裕: デカスロン 5 | Main | 内沢 旬子: 世界屠畜紀行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 綱本 将也: GIANT KILLING 1:

« 山田 芳裕: デカスロン 5 | Main | 内沢 旬子: 世界屠畜紀行 »