« 安田 剛士: Over Drive 12 | Main | 秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX »

July 23, 2007

たがみ よしひさ: グレイ

未来世界を舞台に、虐げられる身分から抜け出すために戦い続ける男、グレイを描いた作品。文庫化の上下巻を一気読み。

上巻では、民(ピープル)、戦士(トループス)、市民(シチズン)という階級制度と、階級を上がっていくための戦いが必要なことをあっさりと説明するプロローグから始まり、主人公グレイが戦いをくぐり抜けていく姿を描く。
元々、階級制度に疑問を持つグレイはあっさりと管理単位である街(タウン)を抜け出し非自治区で新たな事実を知る。

下巻では、事実を知ったグレイが現在の制度を成り立たせている存在に対して戦いを挑んでいく姿を描く。

銃を中心とした近代戦の様相を見せる上巻に比べ、現代兵器から未来兵器へと描写が変わり、それも主題の1つではあるのだけれど、ラストにかけて戦いがあっさりとしたものになっていく。

それはあたかもシューティングゲームのボスキャラに挑むために、アイテムが充実していくのと同じように...

作者自らのあとがきを読むまでもなく、徳間書店の少年キャプテンの創刊当時に掲載された作品は、すごく印象深く覚えている。
改めて読んでみての感想もあまり変わりはないけれど。

当時の巻末おまけマンガを読んで、「滅日」ももう一度読みたくなった。

たがみ よしひさ: グレイ (上) (〔ぶんか社コミック文庫〕)

たがみ よしひさ: グレイ (下) (〔ぶんか社コミック文庫〕)

|

« 安田 剛士: Over Drive 12 | Main | 秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たがみ よしひさ: グレイ:

« 安田 剛士: Over Drive 12 | Main | 秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX »