« August 2007 | Main | October 2007 »

September 28, 2007

柴田 哲孝: 下山事件最後の証言 完全版

昭和24(1949)年7月6日、当時の国鉄総裁下山定則が北千住-綾瀬間で轢死体となって発見された、所謂「下山事件」の真実を追ったルポルタージュ。2005年に刊行された作品に加筆しての文庫化。

多くの謎を残して今なお真相を追い求める者の絶えない戦後すぐの事件を著者が本にまとめることとなった経緯を序章に記している。

1999年の夏、『週刊朝日』8月20日・27日号からフリージャーナリスト森達也が「下山事件(国鉄総裁怪死)謀殺説に新事実」と題する記事を連載した。
その中で、森は「彼」と称する人物の証言を元に、「彼」の祖父とある組織の代表者「Y氏」が事件の実行犯であることをほのめかす。

記事は結局、確証を得ることなく謎を残したまま連載を終了しているが、3年後の2002年12月に連載に取材協力した社員記者の諸永裕司が単行本『葬られた夏 追跡下山事件』を発表。さらに2004年2月には森達也が単行本『下山事件』を出版した。

この一連の報道には、すべて「彼」なる人物の証言を軸にして全体を構成している。追加取材はあって、ある組織や実名も暴露されているが、「仮説に誘導する」という意図が見え隠れする、と著者は指弾する。

「彼」とは誰なのか、報道の中には正体のみならずその実在すらも明らかになっていない。さらにその証言には関しては明らかに虚実が入りまじっている、と。

なぜそう断言できるのか。一連の報道の中の「彼」こそは「私」であると、著者はネタ晴らしをする。

この序章の件だけで、引き込まれてしまった。

柴田 哲孝: 下山事件最後の証言 完全版 (祥伝社文庫 し 8-3)

Continue reading "柴田 哲孝: 下山事件最後の証言 完全版"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 27, 2007

白倉 由美: ラジオ・キス

水泳部の男子中学生の学園ストーリーを描いた作品。

誰の記憶にもない不思議なクラスメートの女子、海外からの転校生の女子、おちこぼれの幼馴染み、勉強もスポーツも得意な優等生、そんな周りのメンバーとのエピソードで綴られるストーリーはノスタルジックなアイテムに散りばめられている。

その筆頭がタイトルにもある、自主放送のラジオ。そして、旧校舎、給食などなど。

昭和の終わり、1980年代の雰囲気も感じられて、30歳代後半には懐かしくも気恥ずかしく感じられるような作品。

白倉 由美: ラジオ・キス (YA!ENTERTAINMENT)

白倉 由美: ラジオ・キス (YA!ENTERTAINMENT)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2007

新田 祐克: オトダマ-音霊 1

科警研を辞した音響専門家と、刑事OBのストーカー退治屋のコンビが警察も手を焼く事件を解決していく話。

音の専門家というモチーフと、微妙に警察と関係している立場から事件に関わっていくストーリー展開はとても面白く、事件の容疑者も意外性がある。

美しい男たちが織りなす推理劇といっても差し支えないくらいに、登場人物は二枚目揃いで絵もきれいで見やすい。
ただ、止め絵が美しい分、動きのあるシーンでの躍動感に欠ける面があるのは否めない。

とはいえ、若干オカルトも入っているとしても推理ものとして面白く読める秀作。

新田 祐克: オトダマ-音霊 1 (1) (WINGS COMICS)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2007

奥瀬 サキ: 夜刀の神つかい 12

現代に甦った吸血鬼の話。完結編。

前巻でも完結の様子は感じられなかったが、物語は淡々と進み、アクションもありつつ終わる。

敵対関係が入り組み、誰が何のために戦っているのか分かりにくく、ラストも吸血鬼との戦いがどうなったか、登場人物がそれぞれどうなったかはっきりせず、すっきりしないが、とりあえず完結。

奥瀬 サキ: 夜刀の神つかい 12 (12) (バーズコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2007

神崎 将臣: XENON-199X・R 1

体をサイボーグにされた少年が巨大軍事組織に立ち向かっていく話。新作と旧作同時刊行。

旧作は読んでいなかったのだが、「COMICリュウ」誌での連載が面白かったので、購入。
帯には「20年の刻を越え」とあるのだから、20年くらい前の作品なのだろう。
それは時代を思わせる絵によく表れている。

圧倒的に新作の方が画力が増しており、見やすく、話も面白い。

神崎 将臣: XENON-199X・R 1 (1) (リュウコミックス)

神崎 将臣: XENON-199X・R 1 (1) (リュウコミックス)

神崎 将臣: 重機甲兵ゼノン 1 (1) (リュウコミックス)

神崎 将臣: 重機甲兵ゼノン 1 (1) (リュウコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2007

春日武彦: 「治らない」時代の医療者心得帳―カスガ先生の答えのない悩み相談室

人気精神科医による、無理難題を目の当たりにした際にどう対処すべきかを若手医師、研修医に説いた本。

医師不足が叫ばれる中、必死で戦っている医師たちが患者たちやスタッフ達からのクレーム、自らの実力に思い悩むことがあることは想像に難くない。
扱っているのが人の命であるだけに、生真面目に向き合えば向き合うほど、精神的なプレッシャーは計り知れない。

そうした時に、どう自分の気持ちを処すればよいのか、周りの人々とはどのように向き合えば良いのか、読者からの質問に答える形で筆者の体験や経験を交えながら、良い意味での肩の力の抜き方、気持ちの処し方を紹介している。

対象は医師ばかりだけれど、仕事に対する姿勢や向き合い方と考えれば、他の業界でも十分に通用する内容だろう。

文中のイラストは吉野朔実。ファンには、お馴染みの春日先生の本なので違和感なく読むことができるだろう。

残念なのは、専門書区分なので入手が難しいこと。

春日武彦: 「治らない」時代の医療者心得帳―カスガ先生の答えのない悩み相談室

春日武彦: 「治らない」時代の医療者心得帳―カスガ先生の答えのない悩み相談室

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2007

田中 メカ: お迎えです。 第1巻

死んでもこの世に未練を残している霊を、あの世へ導く仕事を手伝う少年の話。文庫化第1弾。

あの世の会社「GSG(極楽送迎サービス)」の仕事は、未練を残してこの世に止まる霊を無事に成仏させること。
受験生の堤円は、その仕事場面に出くわし、特殊技能ゆえにバイトとして手伝う羽目になる。

設定のユニークさもさることながら、やさしく可愛らしいペンタッチとのギャップが、怖くもジメジメもせず、楽しく面白く、それでいてホロッとさせるストーリーを構成している。

文庫化に当たっての描き下ろしも収録されていてお得感あり。

田中 メカ: お迎えです。 第1巻 (1) (白泉社文庫 た 7-1)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2007

山田 芳裕: デカスロン 7

陸上競技のひとつ十種競技に挑む選手の話。文庫化第7巻。

日本選手権第2日目の最終種目での決着まで。
限界まで戦った二人が最終種目で記録的には平凡ながら、ゴールに向かう緊張感が伝わってくる描写はさすが、十種競技の醍醐味を十分に見せている。

後半は世界選手権に向けてのインターミッション。
恋愛模様は競技の緊張感の前にやはり邪魔なのか早々にケリを付けた印象。

それにしても、今年は大阪で世界陸上があって十種競技も行われたはずなのに、ちっとも注目されなかったのが残念。

山田 芳裕: デカスロン 7 (7) (小学館文庫 やB 17)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2007

coco: 今日の早川さん

本好きの女性たちの日常を描いた作品。

元々はblogで掲載されていた作品が書籍化したもの。
SF好きの早川さん、ホラー好きの帆掛さん、純文学読みの岩波さん、ライトノベル好きの富士見さんというネーミングが魅力の半分くらいだろうか。
残りは、この本が早川書房から刊行されたこと。

内容は一般人からなかなか理解されない本好きの習性をユニークに描いている。
まぁ、それだけといえば、それだけ。

coco: 今日の早川さん

coco: 今日の早川さん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2007

鴉-KARAS-第四話 2枚組コレクターズエディション

新宿を舞台にサイボーグ化された妖怪「御座衆」とその新宿支配を阻もうとする鴉という存在の話。

前巻からおよそ2年の空白を経て、ようやくの続編。
前回、見え始めたストーリーがより鮮明になっている。
鵺が語る鴉という存在の意味。鴉を呼び出すゆりねという存在についてもセリフのやり取りの中で説明される。
そして、御座衆を束ねる廻向という存在の位置付けも明らかになっている。
また、主人公(と思われる)・乙羽についても一週間前を振り返る形で、人間であったときのエピソードが語られる。

アクションシーンは後半、鵺と廻向との戦いという形で繰り広げられる。
また、女性版の鴉も登場。
次巻以降に期待をつなげている。

映像特典は別ディスクとなっており、これまでを振り返る形で作品を解説している。
2年間の空白についても、隠すことなく説明をしているが、それだけが真実かどうかは分かりかねる。

今後は1ヶ月ごとに最終6巻まで出されるらしいので、それをしっかり楽しみたいと思わせる巻。

: 鴉-KARAS-第四話 2枚組コレクターズエディション

鴉-KARAS-第四話 2枚組コレクターズエディション

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2007

能田 達規: オーレ! 4

地方公務員が地元プロサッカーチーム上総オーレのスタッフとして運営に関わっていく話。

2部N2リーグを最終節で何とか最下位での自動降格を逃れた上総オーレは、アマチュアリーグAFLを2位で終えたサンガイア宮崎との入れ替え戦に臨む。
地方行政と一体となってNリーグ入りを目指している宮崎は、スタジアムを始めとする施設、多くの元Nリーグ選手など充実している面が多く、主人公は圧倒されてしまう。

また、ホーム&アウェイで行われる第二戦のホームで観戦に来たNリーグのチェアマンから、どちらがNリーグにふさわしいか、忌憚のない意見を聞かされる。
改めて上総オーレが置かれている立場を思い知らされた主人公の思いとは別に、チームは勝つしかない状況で、試合は刻々と進んでいく。

その試合の緊迫感、盛り上がり方は、この試合が終われば連載が終了するのだろうと思わせるほど。
ところが、試合が終わったあとの現実を描くことで、本当の意味でのクラブチームがどんなものであるか、何をしなければいけないかが描かれ始める。

そう、スタッフにとってはシーズンオフこそ、チーム作りに重要な時期であることを、この作品は描こうとしている。
そこが単なるサッカーマンガとは呼べない、この作品の良さになっている。
そして翻弄される主人公は一生をかけた決断を迫られて、次巻へ続く。

シリアスな本編とは打って変わっておまけマンガにはホッとさせられ、安心して笑える。

能田 達規: オーレ! 4 (4) (BUNCH COMICS)

能田 達規: オーレ! 4 (4) (BUNCH COMICS)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2007

東京ヴォードビルショー『黄昏れて、途方に暮れて』

恥辱に満ちた過去を持つ4人の男たちと母親を捜し求める男の話。

駅に降り立った男(佐藤B作)は、それぞれに過去を持つ男たち(市川勇、山口良一、あめくみちこ、たかはし等)と一緒に暮らす羽目になり、来る日も来る日も彼らの過去を演じ続けるようになる。

過去を演じている、と分かるまでは、舞台上の役柄と演じている役柄がいつ入れ替わって、また過去にまつわる本当の人々との関係が掴みかねる。
そこさえ、クリアできてしまえば、十分に楽しめるが、楽しむまもなく、作品の主題に入っていく。

すなわち、過去(トラウマと言い換えても良いかもしれない)を演じることによって、その過去と向き合おうとする彼らに対して、そのままではいけない、という指摘。
彼らには現実に待ち望む人々がいて、そこに帰って行くべきだというもの。

ただ、その指摘もユーモラスに描くことで、どちらが正しいともなく、結論は出ないで終わる。
その終わり方は、ちょっと梯子を外されたような印象も受けるが、これはこれで1つの終わらせ方であろうと感じられた。

公演は脚本家・松原敏春7周忌公演と言うことで、そのままトークショーへ。
故人を偲ぶということで、ユーモラスなエピソードでも涙を誘われるものがあった。
そしてまた、女優は話が下手であることを知った。

~2007.9.8 新宿 紀伊國屋サザンシアターにて~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »