« 唯野未歩子 : 「17才」 | Main | 阿曽山大噴火: 被告人、前へ。―法廷で初めて話せることもある »

October 24, 2007

幸村 誠: ヴィンランド・サガ 5

北欧バイキングを描いた作品。

舞台はデンマーク・ヴァイキング艦隊が侵攻していたイングランド。
クヌート王子の護衛役に就いたアシェラッドだが、雪に逃亡を阻まれ、村の生き残りによりトルケルの追走を許す。

その中でアシェラッド陣営に生まれる不信と裏切り。
トルケルに追いつかれたところで孤立するアシェラッド。

描写は残虐だけれど、それを踏まえてなお面白い。
主人公のトルフィンの影が薄いのは気になるが、終盤見せ場を感じさせて次巻。

幸村 誠: ヴィンランド・サガ 5 (5) (アフタヌーンKC)

幸村 誠: ヴィンランド・サガ 5 (5) (アフタヌーンKC)

|

« 唯野未歩子 : 「17才」 | Main | 阿曽山大噴火: 被告人、前へ。―法廷で初めて話せることもある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幸村 誠: ヴィンランド・サガ 5:

« 唯野未歩子 : 「17才」 | Main | 阿曽山大噴火: 被告人、前へ。―法廷で初めて話せることもある »