« 菊地 秀行: ラビリンス・ドール―魔界都市迷宮録 | Main | 楠 桂: 週番規則厳守せよ »

October 18, 2007

山田 芳裕: デカスロン 8

陸上競技のひとつ十種競技に挑む選手の話。文庫化第8巻。

世界トップの実力を目の当たりにした主人公・風見万吉は、かつてのライバル沢村をコーチとして世界選手権への準備を始める。

その準備の一環として十種目それぞれの日本記録保持者の元を訪れ、勝負を挑みながらトップレベルの技術を習得していく。
全体としてはインターミッションに当たるが、それぞれの日本記録保持者の個性が飽きせず読ませる。

連載時にはちょっと中弛みな印象もあったけれど、一気に読むとそうでもない。
けれど、最後の走り高跳びは今ひとつかもしれない。

山田 芳裕: デカスロン 8 (8) (小学館文庫 やB 18)

山田 芳裕: デカスロン 8 (8) (小学館文庫 やB 18)

|

« 菊地 秀行: ラビリンス・ドール―魔界都市迷宮録 | Main | 楠 桂: 週番規則厳守せよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山田 芳裕: デカスロン 8:

« 菊地 秀行: ラビリンス・ドール―魔界都市迷宮録 | Main | 楠 桂: 週番規則厳守せよ »