« 阿曽山大噴火: 被告人、前へ。―法廷で初めて話せることもある | Main | 西 炯子: 電波の男よ »

October 29, 2007

綱本 将也: GIANT KILLING 3

国内プロサッカーリーグの元スター選手が監督となって弱小クラブに戻ってくる話。

前巻からの流れで、プレシーズンマッチの試合途中から話は始まる。
先制したものの追いつかれたところで意気消沈するチームに監督は後半の指示を与える。

コミュニケーションを取りにくい印象を与えながらも、指示は的確でそれぞれに説明ができ、さらにその指示に反応する選手たちを観察している監督に、スタッフ達は自然と引き込まれていく。

シーズン直前のセレモニーも盛り上がりを見せ、開幕戦を迎えるが、まさかの惨敗を喫する。
果たして巻き返しはあるのか、期待と不安を残して次巻。

キャラクターの作り方とプロサッカーリーグのスケジュールに沿ったエピソードの入れ方は秀逸。
次巻への引きの強さも良し。

綱本 将也: GIANT KILLING 3 (3) (モーニングKC)

綱本 将也: GIANT KILLING 3 (3) (モーニングKC)

|

« 阿曽山大噴火: 被告人、前へ。―法廷で初めて話せることもある | Main | 西 炯子: 電波の男よ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 綱本 将也: GIANT KILLING 3:

« 阿曽山大噴火: 被告人、前へ。―法廷で初めて話せることもある | Main | 西 炯子: 電波の男よ »