« 近藤 史恵: サクリファイス | Main | ちみ もりお: 冥王計画ゼオライマー 完全版 »

December 24, 2007

よしなが ふみ: 大奥 第3巻

男女が逆転した江戸時代の有様を江戸城の大奥を通して描いた作品。

前巻に引き続き、徳川家光の時代が描かれている。
流行病によって男子のみが少なくなっていく状況で、早死にした家光の影武者として家光の隠し子が女子であることを偽って家光になりすます。
公家出身の有功と愛し合いながら精神的にも安定し、時には鋭く政への意見もするようになる。

それと並行して、世継ぎのために他の男との同衾を進める件などは有功との愛情との板挟みに苦しむ姿が分かりやすく、また共感を得る描かれ方をしている。

春日局が病に倒れ、家光の産んだ子供の父親も流行病に倒れるなど、世の中はますます男子が少なくなり、抜き差しならない状況になっていく。
そして、ついに家光が女将軍として姿を見せるまで。

元は吉宗が書庫で昔の書物に書かれた話を読んでいる設定のため、このあとどうなるかは分かっている訳だが、それでも緊張感もって描ききる手腕は大したもの。

このまま吉宗に戻るのか、家光としてのストーリーが続くのか、興味は期待と共に尽きない。

よしなが ふみ: 大奥 第3巻 (3) (ジェッツコミックス)

|

« 近藤 史恵: サクリファイス | Main | ちみ もりお: 冥王計画ゼオライマー 完全版 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference よしなが ふみ: 大奥 第3巻:

« 近藤 史恵: サクリファイス | Main | ちみ もりお: 冥王計画ゼオライマー 完全版 »