« よしなが ふみ: 大奥 第3巻 | Main | 山田 芳裕: 度胸星 2 »

December 25, 2007

ちみ もりお: 冥王計画ゼオライマー 完全版

少年少女が運命に翻弄され、巨大ロボットで秘密結社と戦う話。

今となっては古典にも挙げられる美少女コミック誌「レモンピープル」で連載、途中で終了していたものにラストを20年振りに補完して発行された作品。

ヘンにリアリティやら世界観やらのたまうようになった昨今にしては、巨大ロボットやら秘密結社といった設定は奇異に感じられるだろうし、昔の作品であるという印象を受けるかもしれない。

ただ、現役で「レモンピープル」誌を知っている年代からすれば、そうした設定は当時からパロディの対象であったことは指摘しておきたい。

巨大ロボットと少年少女による勧善懲悪の設定は、TVのロボットアニメの「お約束」であり、その設定を借りて「エロ」を追加するのが当時の美少女コミックのフォーマットの1つだったと記憶している。

それは「お約束」に対するカウンターカルチャーとしての表現の仕方であったようなもので、ヒロインの陵辱シーンなどは「性」を覆い隠しているTV表現の限界をあざ笑うようなところがあって、決して欲望が女性そのものに向かっているようには思えなかったし、そうした指摘には違和感を覚える。

そうした20年前とのコミックで表現される内容の変遷や画力の違いなど、見どころの多い作品。

ちみ もりお: 冥王計画ゼオライマー 完全版 (リュウコミックス)

|

« よしなが ふみ: 大奥 第3巻 | Main | 山田 芳裕: 度胸星 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちみ もりお: 冥王計画ゼオライマー 完全版:

« よしなが ふみ: 大奥 第3巻 | Main | 山田 芳裕: 度胸星 2 »