« 小山田 いく: ウッド・ノート 2 | Main | 福本 伸行: 生存―LifE »

December 31, 2007

福本 伸行: 告白―コンフェッション

かわぐちかいじの画による山岳サスペンスもの。

雪山で遭難した男二人の話。
瀕死の重傷を負った男が、死を覚悟して殺人を告白するが、直後に吹雪がやみ、近くの山小屋に逃げ込むことに成功する。

告白された男は、相手がどう思っているのか、自分を口封じしようとはしていないか、疑心暗鬼になってくる。
自分の口にする言葉が相手にどう思われるだろうか、どういう行動に出られるだろうか、と頭の中でシミュレーションを繰り返し、結果なにもできない時間が過ぎていく。

そうした緊迫感はかわぐちかいじの絵により怖いくらいに伝わってくる。

意外性のある(ようなないような)ラストも含め、映像化されそうな予感を大いに持つ。
何しろ、シーンが山小屋だけで済むし、登場人物も限られる。
実写化しやすいだろうが、役者の選び方で出来の善し悪しは変わってくるだろう。
設定では20歳代後半くらいか。妻夫木聡ならできそうだけれど、もう一人が難しいな。
若い頃の佐藤浩市と中井貴一の組み合わせはイメージできるのだが。

福本 伸行: 告白―コンフェッション (講談社漫画文庫 か 3-27)

福本 伸行: 告白―コンフェッション (講談社漫画文庫 か 3-27)

|

« 小山田 いく: ウッド・ノート 2 | Main | 福本 伸行: 生存―LifE »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 福本 伸行: 告白―コンフェッション:

« 小山田 いく: ウッド・ノート 2 | Main | 福本 伸行: 生存―LifE »