« 松葉 博: 混沌の城(1) | Main | 高河 ゆん: アーシアン 5 完結版―別巻秘密の花園 (5) »

January 21, 2008

たがみ よしひさ: PEPPER

開拓時代のアメリカを舞台にした西部劇ガンアクションの文庫化。

記憶をなくした男"PEPPER"は、賞金稼ぎをしながら自分の記憶を取り戻そうとしている。そこへ現れた謎の男"GOLD"にもたらされた15年前の事件とギャング一味の情報を元にに旅を始める。

次々とギャング一味を追いつめる構成、ガンアクションなどは、『トライガン』に影響を与えたと想像してみるのも面白い。

この作品は豪華本として書き下ろされたという、コミックとしては珍しい出版形態であったことも忘れてはならない。
その辺の経緯があとがきマンガで書かれている。

また、素人目にはスクリーントーンがまったく使われていないようにも見える。
そうした技術的な手法としても押さえておきたい作品。

たがみ よしひさ: PEPPER

たがみ よしひさ: PEPPER

|

« 松葉 博: 混沌の城(1) | Main | 高河 ゆん: アーシアン 5 完結版―別巻秘密の花園 (5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たがみ よしひさ: PEPPER:

» 2/16予想:2月売りイト仕事 [或る編集者のオケラ日記]
定番記事ばかりで申し訳ありません。 書けることが、狭くなっているんです。 何気なく書いたエントリーで自分では抑えられないことが起こってしまったり、 誰かを傷つけてしまったり…傷つけられたり…なかなか難しいです。 で、『「あなたと会うと元気になる」といわ....... [Read More]

Tracked on February 16, 2008 02:45 AM

« 松葉 博: 混沌の城(1) | Main | 高河 ゆん: アーシアン 5 完結版―別巻秘密の花園 (5) »