« 夢枕 獏: 荒野に獣慟哭す 7 | Main | やさぐれぱんだ 白盤 »

March 27, 2008

清涼院 流水: 探偵儀式 VOL.5

殺人事件は警察に代わって探偵が捜査するという、探偵の地位が確立されていた世界の話。

神戸ポートピアを舞台にした連続殺人事件は、JDC(日本探偵倶楽部)の龍宮城之介を中心に、謎の存在であるN月R太郎などと共に自分の過去と向き合う。

また、BDC(ボランティア探偵倶楽部)の伽藍堂天晴と、警視庁の笹山徹は、比叡山の奥にあるという探偵寺に向かい、天晴は探偵眼を手に入れるためのRPGばりの地下迷宮を探検する。

それぞれの過去と関係が明らかになっていき、政府・総理大臣の陰謀が表に出てくる。

シリアスモードになってはいるけれど、絵柄と設定のリアリティを超越した壮大さはどうかと思われるけれど、それもまた持ち味か。

清涼院 流水: 探偵儀式 VOL.5 (5) (角川コミックス・エース 109-5)

清涼院 流水: 探偵儀式 VOL.5 (5) (角川コミックス・エース 109-5)

|

« 夢枕 獏: 荒野に獣慟哭す 7 | Main | やさぐれぱんだ 白盤 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 清涼院 流水: 探偵儀式 VOL.5:

« 夢枕 獏: 荒野に獣慟哭す 7 | Main | やさぐれぱんだ 白盤 »