« 夢路 行: あの山越えて 12 | Main | 久世 番子: 番線―本にまつわるエトセトラ »

May 11, 2008

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー

プロ棋士への夢を絶たれ、賭け将棋で生きる"真剣師"として生きていこうとする青年の話。1巻から最新7巻までを一気読み。

すべてを将棋に賭けて少年時代を送ってきた少年の挫折感、将棋を単なるゲームではなく頭脳スポーツとして肉体的にもタフな競技であることがよく伝わってくる。

同作者の「谷仮面」「エアマスター」は雑誌連載で読んでいたので、キャラクターの性格付けや話が大きくなっていく展開の仕方には違和感なく入り込めた。
ただ、初めての人には若干とっつきにくいかもしれない。

夢枕獏がこれから描きたい作品として真剣師の物語を挙げていたが、それを思い起こさせるような雰囲気は持っている。
ただ、その素材をすべて生かし切っているかと言えば、まだ足りないような気がしないでもない。

ちなみに実写ドラマ化されるようだけれど、巨乳メイド服のみがフィーチャーされているようで、勘弁して欲しい。

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

|

« 夢路 行: あの山越えて 12 | Main | 久世 番子: 番線―本にまつわるエトセトラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー:

« 夢路 行: あの山越えて 12 | Main | 久世 番子: 番線―本にまつわるエトセトラ »