« May 2008 | Main | July 2008 »

June 30, 2008

菊地 秀行: 魔界都市ブルース 妖婚宮

著者のモチーフである魔界都市<新宿>シリーズの中で、人捜し屋・秋せつらが活躍する話。

今回は婚約者の元から逃げた御曹司を捜し求める話。
婚約者の出自が北の国で、その親や先祖も含めて魔形の一族であることから敵対していく。

最近の作品にしては敵対関係が分かりやすいが、次々に強敵を出す割に倒されるところが呆気ないという欠点は相変わらず。
そのため主人公も段々引き立たなくなっているところが難点。

菊地 秀行: 魔界都市ブルース 妖婚宮 (ノン・ノベル 849 魔界都市ブルース) (ノン・ノベル 849 魔界都市ブルース)

菊地 秀行: 魔界都市ブルース 妖婚宮 (ノン・ノベル 849 魔界都市ブルース) (ノン・ノベル 849 魔界都市ブルース)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2008

雲のむこう、約束の場所

南北に分断された日本を舞台に、北にそびえる塔に想いを寄せる若い男女の姿を描いた新海誠監督作品のBlu-ray Disc版。初見。

簡単な設定までは知っていたけれど、前作の「ほしのこえ」のイメージもあり、男女の想いとかをメインで描いているのかと思っていたが、意外にもSF的な要素が濃かった。

少年二人で飛行機を作ったり、そんな少年たちの姿を好ましく思う少女が姿を消したり、という設定は、まぁありがちではあるけれど、美しい絵と相まって、気恥ずかしさは感じない。

絵としては、たまに出てくるキャラクターの顔が点と線だけで描かれているのが気になった。
遠くのキャラクターだけならまだしも、割と大きめのシーンでも見られたのは意図的なものなのか、Blu-rayの高画質ゆえなのか。

声優陣は主人公役の吉岡秀隆がそのままで年齢が変わっても変わり映えなく、今ひとつ。それよりはもう一人の少年役の萩原聖人の個性を殺したうまさが際だっている。

映像特典はWeb公開の予告編のみ。

: 劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」 Blu-ray Disc

劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」 Blu-ray Disc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2008

佐藤 秀峰: 新ブラックジャックによろしく 4

若い研修医の悩みと活躍を描いた作品の移籍に伴う新シリーズ第四弾。

とはいえ、このシリーズでは腎臓を病む先輩看護師・赤城への臓器提供を申し出る主人公の姿が中心であり、そこには赤の他人への臓器提供という課題は描かれているものの、研修医であることの意義は見出せない。

恋人の理解も当然のように得られず、どうひいき目に見ても迷惑な主人公であることは否めず、読後感はますます悪くなっていくのだった。

佐藤 秀峰: 新ブラックジャックによろしく 4 (4) (ビッグコミックススペシャル)

佐藤 秀峰: 新ブラックジャックによろしく 4 (4) (ビッグコミックススペシャル)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2008

獣木 野生: 蜘蛛の紋様 2

1980年代のアメリカ西海岸を舞台にした大河ドラマ、パーム・シリーズの第31弾。最終章の第2巻。

パームファンにはお馴染みの初期エピソードが丹念に描かれている最終章。

この巻ではカーターのやさぐれ具合がもっとも印象深い。

後半ではマイケル・ネガットがジェームズ・ブライアンとなる件が描かれている。

獣木 野生: 蜘蛛の紋様 2 (2) (WINGS COMICS パーム 31)

獣木 野生: 蜘蛛の紋様 2 (2) (WINGS COMICS パーム 31)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2008

よしなが ふみ: 西洋骨董洋菓子店

「アンティーク」という洋菓子店を舞台に織りなされる人々を巡る話。文庫化による同時発売の3巻を一気読み。

エリートサラリーマンを辞めて洋菓子店を開いたオーナー、橘圭一郎。魔性のゲイと称される天才パティシエ、小野裕介。甘いもの好きの元ボクシングチャンピオンの見習いパティシエ、神田エイジ。橘の実家で住み込み手伝いだった母親から面倒を見ている小早川千影。

この4人を中心に織りなされるエピソードは楽しく、スチャラカで、けれどそれぞれに背負っている過去を見せながら、ストーリーは進んでいく。
そしてラストは、もっともちゃらんぽらんに見えた橘が幼い頃に体験した事件へと収斂していく。

このストーリーの引きの強さは見事としか言いようがなく、雑誌掲載時にも単行本化の際にも読み込んだはずなのに、今回も夜に読み始めたら眠れなくなってしまった。

ドラマ化されたことで作品を知った人も多いだろうけれど、キャストは悪くなかったものの基本的には別物であってテレビの限界を見た印象もあった。
今回はアニメ化されることでの文庫化とのことだが、願わくば原作の通りに作って欲しいと思うのだった。

よしなが ふみ: 西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2008

岸 虎次郎: マルスのキス

女子高校生二人が心を通い合わせる話。

厳しくうるさい母親に反発して大学生の彼氏と付き合う由佳里は、隣同士になったことをきっかけに優等生ヅラして奥手の美希と話す機会を持ち、純な部分を馬鹿にしながらも、同じように母親に厳しくされていることに、好意を抱いていく。

まぁ、絵柄はきれいなのだけれど、純粋さとか汚れたと思うものの考え方などが妙に古臭く感じられる。
また、帯にはガールズ・ラブ・コミックとあって、上記の好意を「恋」と位置づけているのだけれど、それほどのものかとも思う。
同じく帯にあるような「衝撃作」とも思えないし、そうした煽り文句が必要となるほどの内容とも思えない。

原作小説というものがあるらしいのだけれど、告白集なのか、詳細が不明。
また、奥付が妙な位置にあるのも気になった。

岸 虎次郎: マルスのキス (PIANISSIMO COMICS)

岸 虎次郎: マルスのキス (PIANISSIMO COMICS)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2008

川島 誠: 800‾僕らがTWO LAPSを走る理由

800m走に取り組む陸上部の少年たちの話。川島誠の小説をたまきちひろがコミカライズした作品。

実は原作を読んだことはなく、1994年公開の映画(廣木隆一監督)は見ている。
それと比べると、やはり現代っぽくなってはいるが、ストーリーのエッセンスはうまくすくい上げられており、育った環境に対する閉塞感などはよく描かれている。
ただ、エピソードはいくつか割愛されており、深みと言ったところでは物足りなさも感じる。

川島 誠: 800‾僕らがTWO LAPSを走る理由 (PIANISSIMO COMICS)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2008

村上 かつら: ラッキー―Are you LUCKY?

亡き母の記憶を止めた犬ロボと少年の話。

その犬ロボが10数年前の古いモデルであるところがポイント。
単なる愛玩ロボットよりも高性能だけれど、表現は5文字のディスプレイのみで、バッテリーの予備も手に入らないという制約が、あとあと効いてくる。

ラストの後日談はハートウォーミングではあるけれど、意外性もなく、ちょっと都合が良すぎる感じ。

村上 かつら: ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)

村上 かつら: ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2008

coco: 今日の早川さん 2

本好きの女性たちの日常を描いた作品の第2弾。

こういう作品の常として、キャラクターの性格付けが強化されていくことで、面白くもなり、また初心者にはとっつきにくくなる。
その傾向はやはり読み取れてしまうのだった。

coco: 今日の早川さん 2

coco: 今日の早川さん 2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2008

やさぐれぱんだ 銀盤

パンダと青年の会話による不条理ショートコント劇集。

白盤、黒盤が好評だったと言うことで作られた第二弾の内の1枚。

コントはまあまあ。面白いのは「ヨガ講座」くらいか。
それよりもコントの合間に挟まれている中国紀行が興味深い。
白盤、黒盤でパンダクロニクルを演じていた役者が、中国四川省のパンダ保護センターを訪ねるというもの。
ドキュメンタリーなどで何度も観たセンターではあるものの、その間の町並みや道すがらをチープな映像で見せている。
それらは、先頃の大地震で被害を被った地域に他ならない。
映像の中の風景が、今どうなっているかを考えると感慨深い。

映像特典は、監督・堀部圭亮、主演の堺雅人、声の出演・生瀬勝久の対談。第3弾の次回作もほぼ決まっているということで、タイトルや企画を勝手に考える件がいちばん面白かったかと。

: やさぐれぱんだ 銀盤

やさぐれぱんだ 銀盤

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2008

FREEDOM特別編 FREEDOM SEVEN

月面都市に生きる少年たちを描いたアニメーション作品の完結編。

カップヌードルのCMに端を発したFREEDOM projectの本編として制作されたもの。

完結編では、月に戻り再会した仲間が体制側になっていたことに衝撃を受けながらも、説得を重ねて地球へ戻ろうとする。

そこでは、かなり青臭い青春もののエピソードが展開される。
このシリーズの冒頭からその要素はあったものの、SF的な味付けに誤魔化されていた部分があって、それをあからさまにされてしまうとちょっと萎える。

ちなみに完結編もTV CMとは異なっており、CMを見ただけで分かった振りをしていると裏切られる。
CM自体は特典映像に入っているが、いっそのことCMのストーリーでも別バージョンとして一本作ってみてはどうだろうか。

: FREEDOM特別編 FREEDOM SEVEN

FREEDOM特別編 FREEDOM SEVEN

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »