« 川西 蘭: 坊主のぼやき | Main | 小川 一水: 妙なる技の乙女たち »

July 20, 2008

曽田 正人: capeta(カペタ) 17

4輪レーサーを目指す少年の話。

前巻でF3のセレクションに参加し、実力を認められたカペタ。
もう1年待ってワークスチームからデビューするか、プライベーターからすぐにデビューするか判断を迫られる。
自分の直感を信じてF3デビューを決意するカペタ。
シーズン前に車体の納品、シェイクダウンが進められていく。
その中で明らかになるもうひとつのエンジンメーカーの実力。

プライベーターとワークスチームという敵対関係以外にエンジンメーカー間での敵対関係も描かれ、面白い構図が見え始める。
到底、上位進出が望めなくなったカペタだが、マカオGPの存在と出場資格を知り、闘志を燃やす。

レースシーンはないものの、これまであまり描かれなかった恋愛模様のようなものが冒頭から炸裂。
長めのおまけ漫画もその流れの中で面白く読める。

曽田 正人: capeta(カペタ) 17 (17) (講談社コミックスデラックス)

曽田 正人: capeta(カペタ) 17 (17) (講談社コミックスデラックス)

|

« 川西 蘭: 坊主のぼやき | Main | 小川 一水: 妙なる技の乙女たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 曽田 正人: capeta(カペタ) 17:

« 川西 蘭: 坊主のぼやき | Main | 小川 一水: 妙なる技の乙女たち »