« 柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 8 | Main | 夢枕獏: 新・魔獣狩り 11 地龍編 »

September 01, 2008

唐沢俊一: 血で描く

発禁・回収となった幻の貸本漫画を巡る話。

世の中を恨んでいった作者が残したとされる貸本漫画「血で描く」は呪いの本として、古書業界で伝説となっていた。
それをひょんなことから手に入れた若者の身の回りで起きる不思議な出来事。
本を何としても手に入れようとする古書マニア、そして事件は起きる。

父親から古書店を受け継いだ若い女性、出版史専攻の大学教授などが登場し、事件の解決に向かおうとするが、どれも主人公としては今ひとつ。
誰かに感情移入して読む作品ではない。

途中で挿入されている河井克夫の漫画も効果的、というにはちょっと微妙。
奇をてらっているという程度の効果はあるだろうけれど。

作者お得意の古書業界に関する知識が散りばめられているのは面白いけれど、話としては今ひとつな感は否めない。

唐沢俊一: 血で描く (幽BOOKS)

唐沢俊一: 血で描く (幽BOOKS)

|

« 柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 8 | Main | 夢枕獏: 新・魔獣狩り 11 地龍編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/42325518

Listed below are links to weblogs that reference 唐沢俊一: 血で描く:

« 柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 8 | Main | 夢枕獏: 新・魔獣狩り 11 地龍編 »