« 戸田 邦和: 龍時 5・6 | Main | 外薗 昌也: 犬神 »

October 20, 2008

小山 宙哉: 宇宙兄弟

宇宙飛行士を志す兄弟の話。1~3巻を一気読み。

弟はすでに宇宙飛行士となって、月へのフライトを待つ日々。兄は自動車開発会社をクビになって、次の仕事先を探す日々、という対比からストーリーは始まる。
出来の悪い兄と、出来の良い弟という構成と、そこから生じる嫉妬や諦めなど兄弟間ならではの感情のやり取りは良くできている。

結局、兄も宇宙飛行士を目指すこととなり、JAXAの試験を受け始める。
宇宙飛行士の兄という有利でもないのにやっかみの対象になる立場でありながらも偶然や幸運も重なり、審査をくぐり抜けていく。

次第に厳しくなっていく審査が続いているところまでが3巻。

宇宙飛行士になる審査を描いた作品と言えば、山田芳裕の『度胸星』という未完の名作があり、これを読んでいると、審査のシーンはおおむね先が読めてしまう。
仕方のないことなのだろうけれど、これを越えられるか次巻に期待。

小山 宙哉: 宇宙兄弟 1 (1) (モーニングKC)

小山 宙哉: 宇宙兄弟 1 (1) (モーニングKC)

小山 宙哉: 宇宙兄弟 2 (2) (モーニングKC)

小山 宙哉: 宇宙兄弟 2 (2) (モーニングKC)

小山 宙哉: 宇宙兄弟 3 (3) (モーニングKC)

小山 宙哉: 宇宙兄弟 3 (3) (モーニングKC)

|

« 戸田 邦和: 龍時 5・6 | Main | 外薗 昌也: 犬神 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小山 宙哉: 宇宙兄弟:

« 戸田 邦和: 龍時 5・6 | Main | 外薗 昌也: 犬神 »