« 大和田 秀樹: ムダヅモ無き改革 | Main | 曽田 正人: capeta(カペタ) 18 »

November 19, 2008

夢枕 獏: 東天の獅子 第2巻 天の巻・嘉納流柔術

明治初期、嘉納治五郎が講道館柔道を興していく様を描いた作品。

嘉納治五郎が興した講道館柔道と古流柔術との戦いの舞台となる警視庁武術大会に向けて、出場選手を順々に紹介している巻。

なかなか戦いが始まらずじれったい感じもするが、それぞれの選手のエピソードがどれも魅力的でそれぞれにある武勇談が読ませる。

まだまだ続きそうで、どこに着地点があるのか分からないが、楽しみである。

夢枕 獏: 東天の獅子 第2巻 天の巻・嘉納流柔術 (2)

夢枕 獏: 東天の獅子 第2巻 天の巻・嘉納流柔術 (2)

|

« 大和田 秀樹: ムダヅモ無き改革 | Main | 曽田 正人: capeta(カペタ) 18 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/43135219

Listed below are links to weblogs that reference 夢枕 獏: 東天の獅子 第2巻 天の巻・嘉納流柔術:

« 大和田 秀樹: ムダヅモ無き改革 | Main | 曽田 正人: capeta(カペタ) 18 »