« 樹 なつみ: ヴァムピール 2 | Main | 神崎 将臣: HUNTER-XENON SAGA 異聞- »

November 04, 2008

正吉良 カラク: カグツチ 上

石黒耀『死都日本』を原作にした火山噴火による災害もの。

九州霧島連山を舞台に、独立した火山群の地下にある巨大火山の破局噴火を予言した研究所所長を父に持つ少年の視点で、噴火までのプロセスを描いている。

噴火そのものによる被害、大量の火山灰の降灰による被害、上空に上がった火山灰が太陽光線を遮ることによって引き起こされる氷河期の到来による人類の危機を予言する所長は認められないまま、火山の動きを監視している。

そして、起こり始める地震と火山活動。というところまでは良いのだけれど、少年とクラスメートの友情や恋心、少年と父親の葛藤など、少年向けコミックお決まりの要素が邪魔くさい。

いよいよ破局噴火というところで次巻。
天災パニックものはハリウッドが得意にしているが、それと同じような展開にならないかとちょっと心配。

正吉良 カラク: カグツチ 上 (1) (KCデラックス)

正吉良 カラク: カグツチ 上 (1) (KCデラックス)

|

« 樹 なつみ: ヴァムピール 2 | Main | 神崎 将臣: HUNTER-XENON SAGA 異聞- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 正吉良 カラク: カグツチ 上:

« 樹 なつみ: ヴァムピール 2 | Main | 神崎 将臣: HUNTER-XENON SAGA 異聞- »