« December 2008 | Main | February 2009 »

January 30, 2009

川西 蘭: セカンドウィンド〈2〉

高校の自転車部でロードレースに挑む少年の話。

前巻から待ちに待った2巻は主人公・溝口洋が南雲高校2年になったところから始まる。
寮のルームメイトが英国留学に旅立ったことの影響か、前巻のラストで描かれた中学三年生の時のレースが精神的な影響を与えているのか、主人公はスランプに陥る。

負傷や故障ではなく、気分が乗らないという形での主人公のスランプが青春小説で描かれたことは珍しいのではないか。
そのぎりぎりの線で戦っているアスリートの姿が独特の筆致で描かれる。

軽妙なセリフ回しは少々シニカルで、読んでいて感染しそうになったりする。
新キャラクターも続々登場し、いずれも少々突っ込みどころが多いけれど、不思議と非現実感は少ない。
これは作品全体に言えることで、架空の企業城下町と全寮制の学校、それぞれに自転車競技に理解のある環境は現実にはあり得なさそうだけれど、それが成立しているところが魅力のひとつでもある。
そのため、携帯電話の不在もあまり気にならない。
もっとも、そのことはラスト近くでエピソードのポイントにはなるのだけれど。

この巻は全国大会までの様子が描かれている。
続きは期待したいところだが、さらなる成長をこの主人公のキャラクターで続けるのは難しい気もして、このまま完結でも良いかと思った。
もっとも他の短編のように視点を他のキャラクターに移したスピンオフ作品は可能だろうし、期待したいところ。

川西 蘭: セカンドウィンド〈2〉 (ピュアフル文庫)

川西 蘭: セカンドウィンド〈2〉 (ピュアフル文庫)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2009

外薗 昌也: 明日泥棒

東京上空に現れた謎の球体から出てきた超人的な能力を持つ元カノと暮らす羽目になった冴えないサラリーマンの話。外薗 昌也原作、別天荒人作画の1~3巻を一気読み。

超人的な能力を持つ存在が、世界に仇なす存在か否か分からないまま心を通わせていくという件は「犬神」にも通じるところがある。
というか、同じ構成か。

よく分からないまま主人公の記憶か世界の平和か、という選択を迫られるところが3巻まで。

外薗 昌也: 明日泥棒 3 (3) (ヤングジャンプコミックス)

外薗 昌也: 明日泥棒 3 (3) (ヤングジャンプコミックス)

外薗 昌也: 明日泥棒 2 (2) (ヤングジャンプコミックス)

外薗 昌也: 明日泥棒 2 (2) (ヤングジャンプコミックス)

外薗 昌也: 明日泥棒 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

外薗 昌也: 明日泥棒 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2009

綱本 将也: GIANT KILLING 9

国内プロサッカーリーグの元スター選手が監督となって弱小クラブに戻ってくる話。

前巻から引き続き、首位を走る攻撃的チーム、大阪ガンナーズとの戦いも後半、2点を先制されて1点を返したものの、相手の攻撃の手は緩まない。
しかも中心選手ジーノから俊足の椿へのパスはつながらない。

そのパス失敗の隠された意図が明らかになったとき、ガンナーズのダルファー監督は困難な判断を迫られる。
その判断の遅れがゲーム展開を大きく変える。

試合後はインターミッション。
達海監督を追っていた女性ジャーナリストは椿の過去を訪ね始める。
ここはあっても良いけど、あまり面白くはならなさそう。
やっぱり試合がいちばん面白い。

綱本 将也: GIANT KILLING 9 (9) (モーニングKC)

綱本 将也: GIANT KILLING 9 (9) (モーニングKC)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2009

よしなが ふみ: 大奥 第4巻

男女が逆転した江戸時代の有様を江戸城の大奥を通して描いた作品。

2巻から引き続き、家光の時代、女将軍、女大名が公然のものとなり、社会が形成されていく様を描く。

有功がお万の方となり、家光が逝去、その娘家綱が4代将軍となるも、ここはあっさりすぎ、有功も大奥を去る。

後半は家光の世となり、奔放な性格が存分に描かれ、京より来た男、右衛門佐がのし上がっていくまでが描かれる。

この辺の大奥内での権力争いは、男たちの争いに変わっているわけだが、それだけに違和感がなく、それでいて滑稽なものとなっている。
女のままでは生々しい感じがするのだろうか。
だとすれば、まさにBLの成り立ちの感覚に通じるものがあるような気がする。

よしなが ふみ: 大奥 第4巻 (4) (ジェッツコミックス)

よしなが ふみ: 大奥 第4巻 (4) (ジェッツコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2009

外薗 昌也: 犬神 第5巻 新装版

何者かから人類を観察するために送り込まれた超絶的な力を持つ犬(オオカミ)と心を通わせる少年の話。文庫版5巻。

着実に侵攻してくる新たな犬神の存在、そして謎の存在だった桐生の野望の一端が明らかになる。
その桐生の策略によって、23と史樹の間に生じた一瞬の信頼の喪失が犬神の蜂起を呼び、人々は蹂躙されていく。

残された人々は、再び信頼を取り戻した23と史樹は、桐生の本当の目的とは、いくつもの謎と大きな流れを残して次巻で最終巻。
創世記まで出てきたところで、どのようにケリを付けるのか不安なところもあるが、その分期待は大。

外薗 昌也: 犬神 第5巻 新装版 (5) (講談社漫画文庫 ほ 4-12)

外薗 昌也: 犬神 第5巻 新装版 (5) (講談社漫画文庫 ほ 4-12)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2009

小山 宙哉: 宇宙兄弟 4

宇宙飛行士を目指す兄弟の話。

この巻では兄が受けているJAXAの試験の中で密閉空間での集団生活を試される様を描いている。

単純に生活するだけでなく、そこには外部から様々なトラブルの種を提供される。

試験結果は次巻以降なのだが、この巻まではやはりまだ「度胸星」は越えていないという印象。

小山 宙哉: 宇宙兄弟 4 (4) (モーニングKC)

小山 宙哉: 宇宙兄弟 4 (4) (モーニングKC)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2009

なるしま ゆり: 鉄壱智 5

地域の神々と都との争いを描いた作品。

前巻から鉄壱智という少年を中心とした冒険旅物語となっていたはずだが、またもやよく分からない地方の話に。

とりあえず地方と都という対立の構図は分かったが、それだけでは何とも...

なるしま ゆり: 鉄壱智 5 (5) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

なるしま ゆり: 鉄壱智 5 (5) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2009

大塚 英志: 多重人格探偵サイコ (13)

猟奇殺人と多重人格、プロファイルなどをテーマにしたサスペンス。

この巻ではこれまで登場した主要人物たちの共闘や敵対、そして組織が進める陰謀の一端が明らかになっている。

陰謀の先に「ミカド」を持ってくるあたりは、昨今の大塚英志作品らしいと言えばらしい。

笹山がどんどん核心に近づいてしまっていて、どこまで行くのか興味深いという意味で引きは強い。

大塚 英志: 多重人格探偵サイコ (13) (角川コミックス・エース 23-30)

大塚 英志: 多重人格探偵サイコ (13) (角川コミックス・エース 23-30)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2009

奥瀬 サキ: 火閻魔人

炎を操り闇の存在と戦う白髪の美青年の話。復刻版。

「夜刀の神つかい」など原作で名前を見るようになった奥瀬サキ自らの手による作品の中から複数の出版社にまたいでいた火閻魔人ものを一挙収録。
奥付を見ると80年代後半から90年にかけての連載なので、やはり20年前後経っていることになる。

掲載に当たって「ネームを大幅改稿」と帯にはあるが、確かに出版社をまたいでいるためか以前は同じモチーフの別作品という印象があったが、今回の作品ではとりあえずつながっている。

小田原、まじない、美青年、格闘アクションと、この時代にいくつか生まれた作品と同様に夢枕獏作品へのオマージュが感じられる。
そうした中にあっては、高い方のレベルを維持していると思う。

その後の原作の仕事でモチーフとなっている吸血鬼も大胆に登場するなど、ルーツが垣間見える。

奥瀬 サキ: 火閻魔人 (バーズコミックススペシャル)

奥瀬 サキ: 火閻魔人 (バーズコミックススペシャル)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2009

来留間 慎一: 魔神伝

魔界から来た魔導士との戦いを通じて魔法を身に付けた格闘技好きの高校生の話。復刻版を一気読み。

奥付を見ると1985年から1989年にかけての少年キャプテン連載。
連載時から読んでいたけれど、あれからもう20年以上経つのかと思うと感慨深い。
また、内容としては今でも十分に新しく、古臭さは感じられない。

総合格闘技をイメージした主人公のアクションシーンは見やすいし、魔法やSF描写も悪くない。

やりたい放題で色んな素材を詰め込んだ1巻は面白いが、テレビゲームの世界に入り込んで敵と戦う設定の2巻は今ひとつ。
アイディア自体はまったく悪くなくて、今の方がマッチしそうなのだけれど。

来留間 慎一: 魔神伝 1 (1) (リュウコミックス)

来留間 慎一: 魔神伝 1 (1) (リュウコミックス)

来留間 慎一: 魔神伝 2 (2) (リュウコミックス)

来留間 慎一: 魔神伝 2 (2) (リュウコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2009

菅野 博之: 東京事件 (2)

昭和40年代を舞台に時空を超えた怪事件に取り組む歴史科学研究所を描いた作品。大塚英志原作、菅野博之画の第2巻。

戦後すぐから当時の事件をネタとしていた前巻とは異なり、基本的なモチーフとなっている「東京に落とされた原爆」を巻を通して追いかけている。

ネタの面白さよりはストーリーとしての出来の良さが重視されるものになっているが、前巻で歴史科学研究所の面々の自己紹介が終わっているような状況で、うまくそれぞれのキャラクターを動かしているような印象を受ける。

それでも、まだ続けられるのか、ちょっと不安に思わないでもない。

菅野 博之: 東京事件 (2) (角川コミックス・エース 49-5)

菅野 博之: 東京事件 (2) (角川コミックス・エース 49-5)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2009

安彦 良和: 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (18) ララァ編・後

安彦良和が描く1stガンダムの第18弾。

この巻ではサイド5ールウムが造ったテーマーパーク、テキサスコロニーでの戦いが描かれる。

ルウムの消滅に伴い、無人となって荒れ果てたテキサスコロニーで、シャアの極秘プロジェクトが進行しているとの情報を掴んだ連邦軍は、ホワイトベースにそのプロジェクトへの攻撃を命じる。

プロジェクトによってニュータイプとして見出されたシャリア・ブル大尉が操るブラウ・ブロでホワイトベースから発信したモビルスーツを迎え撃つ。

ニュータイプの片鱗を見せるシャリア・ブルだったが、アムロの操るガンダムに敗れてしまう。
その傷ついたガンダムの迎撃に現れるゲルググを操るシャア。

迎撃部隊に参加したセイラは、単独で昔暮らした家を訪れ、そこでガンダムを地雷原に落としたシャアが現れ、邂逅を果たす。

セイラの後をつけ、その場を目撃したカイ・シデンにより、ホワイトベースの面々にセイラの正体が明らかになってしまう。

要素としては盛りだくさんで面白いが、ところでアニメではこんな場面はあっただろうかと読み終わってから首をひねってしまう巻。

安彦 良和: 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (18)  ララァ編・後 (角川コミックス・エース 80-21)

安彦 良和: 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (18) ララァ編・後 (角川コミックス・エース 80-21)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2009

島田 雅彦: 酒道入門

酒飲みの著者による、酒飲みとしての世界各地での見聞録や酒飲みとしての心得などをまとめたエッセイ。

タイトルからはもう少し、薀蓄なり作法なりという参考になる部分が多いかと思ったが、基本的には酒種を問わない著者の紀行文と感想文。

後半に都内の立ち飲み酒屋のお勧めが紹介されているものの、こうした内容がもっと充実していれば良かった。

字体もたびたび変わっているような印象も受け、やたらと文中に太字が出てくるのも本として見づらい。

島田 雅彦: 酒道入門 (角川oneテーマ21)

島田 雅彦: 酒道入門 (角川oneテーマ21)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2009

河合 克敏: とめはねっ! 4

高校書道部の部活動風景を描いた作品。

この巻では夏休みの部活動風景を通して若干の恋愛模様が描かれるが、あくまで現代テイストなので、気恥ずかしくなるような描写はなし。

あくまで女子目線なところがよいのか。
男子がかわいそうな感じもするけれど。

河合 克敏: とめはねっ! 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)

河合 克敏: とめはねっ! 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2009

外薗 昌也: 犬神 第4巻 新装版

何者かから人類を観察するために送り込まれた超絶的な力を持つ犬(オオカミ)と心を通わせる少年の話。文庫版4巻。

主人公・史樹と心を通わせる23は、人間を惨殺しながら街に向かってきた新たな犬神を傷つきながらも撃退する。

訪れるつかの間の静寂。その中で、様々な事実が明らかになり、周囲の人間は次なる犬神に備える。

そして、周りに多く潜み始める犬神たちの存在に皆が気付き始めて次巻。

ちょっとインターミッションな巻。

外薗 昌也: 犬神 第4巻 新装版 (4) (講談社漫画文庫 ほ 4-11)

外薗 昌也: 犬神 第4巻 新装版 (4) (講談社漫画文庫 ほ 4-11)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2009

古張 乃莉: トラッシュカン

藍川さとるからペンネームを変えた作者の短編集。

基本は恋愛ものが多いけれど、若干視点をずらしたテーマと繊細な絵柄、叙情的な表現が魅力的。

読後感はあまり明るくなれるものはないので、ダウナーな時に読むとはまるかも。

古張 乃莉: トラッシュカン (短篇集) (WINGS COMICS) (WINGS COMICS)

古張 乃莉: トラッシュカン (短篇集) (WINGS COMICS) (WINGS COMICS)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2009

西 炯子: ひらひらひゅーん 2

地方都市の高校弓道部を舞台にした青春群像もの。

この巻では大衆演劇の女形を演じて全国を回っている転校生を通じて、のんびり楽しくやっていた部員の中に勝負の意識が生まれ始めるストーリー。

これまでの恋愛やビミョーな友情関連の話題はあまり見られず、割とスポ根な印象を受ける。
それでも雰囲気を損ねていることはないので、こうした感じもまた良し。

西 炯子: ひらひらひゅーん 2 (WINGS COMICS) (WINGS COMICS)

西 炯子: ひらひらひゅーん 2 (WINGS COMICS) (WINGS COMICS)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »