« February 2009 | Main | May 2009 »

March 25, 2009

村上 よしゆき: 新約「巨人の星」花形 13

野球マンガ「巨人の星」を現代風にリメイクした作品。

前巻で星雲高校と紅洋高校の練習試合が終わり、花形と星のライバル関係が形成され、これからというところでインターミッションの巻。
明子姉ちゃんに目をつけた花形がナンパを始める巻でもある。

村上 よしゆき: 新約「巨人の星」花形 13 (13) (少年マガジンコミックス)

村上 よしゆき: 新約「巨人の星」花形 13 (13) (少年マガジンコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2009

ゆうき まさみ: 鉄腕バーディー EVOLUTION 1

宇宙のテロリストを追ってきた捜査官バーディーが地球の少年と一心同体になって敵を追っていく話。

掲載誌が変わり、話も3年後になってタイトルも一新された。

3年という年月の経過がまだストーリーの中には感じられず、ただリニューアルしたかのような印象。
まだまだ序章という感じだが、引きの強さはさすが。

ゆうき まさみ: 鉄腕バーディー EVOLUTION 1 (ビッグコミックス)

ゆうき まさみ: 鉄腕バーディー EVOLUTION 1 (ビッグコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2009

おかざき 真里: サプリ 8

広告代理店に勤める女性の話。第8巻。

前巻から恋愛面ではうまくいっている主人公だが、サブキャラクターとして同年代の同僚が登場。美容師として独立を目指すという恋人の存在に振り回されるさまがサブストーリーとして描かれる。

いい加減、こうした展開には飽きてきたのだが、読者層の女性たちはこうした展開が面白いのだろうか?
社会人であれば、身につまされるばかりでコミックまでそんな想いをしたくないように思えるのだが。

おかざき 真里: サプリ 8 (8) (Feelコミックス) (Feelコミックス)

おかざき 真里: サプリ 8 (8) (Feelコミックス) (Feelコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2009

森 美夏: 八雲百怪 (2)

大塚英志原作、森美夏画による民俗学ロマンシリーズと題されたコミック第3弾の続巻。

この巻で描かれたストーリーは、子捨てに関する怪談と人体発火を絡めたものと、森林太郎(森鴎外)の『舞姫』と浦島太郎伝説を絡めたものの2本。

どちらも分かりやすくて面白いストーリーだが、絵柄はやはり馴染めず。

森 美夏: 八雲百怪 (2)

森 美夏: 八雲百怪 (2)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2009

山崎 峰水: 黒鷺死体宅配便 (11)

仏教系大学の有志が集まって設立した死体運び業の話。大塚英志・原作、山崎峰水・画の第11巻。

少女殺人を扱った長めのストーリーと、遺伝子ドーピングを扱った短めのストーリーの2本。

長めの方はラストにお馴染み笹山徹が黒鷺死体宅配便の面々に肩入れする理由が謎として描かれており、引きの強い面白さがある。

短めの方が息抜きという感じ。

なぜか表紙のイメージが変わり、紙質も変わって厚さも増したのは掲載誌のせいなのか。

山崎 峰水: 黒鷺死体宅配便 (11) (角川コミックス・エース 91-16)

山崎 峰水: 黒鷺死体宅配便 (11) (角川コミックス・エース 91-16)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2009

神崎 将臣: XENON-199X・R (5)

体をサイボーグにされた少年が巨大軍事組織に立ち向かっていく話。

空中空母やら無人戦闘機、洗脳システムなど敵の性能はうなぎ登りでややインフレ気味。
それに合わせて主人公の能力も、実は無限大でした、かのような展開はどこで収まるのか興味深い。

神崎 将臣: XENON-199X・R (5) (リュウコミックス) (リュウコミックス)

神崎 将臣: XENON-199X・R (5) (リュウコミックス) (リュウコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2009

幸村 誠: ヴィンランド・サガ 7

北欧バイキングを描いた作品。

舞台はデンマーク・ヴァイキング艦隊が侵攻していたイングランド。
使命に目覚めたクヌート王子は護衛役のアシェラッドとトルケルを率いて陣営に帰還する。

父王との確執、その間で生まれる部下たちの思惑などが描かれる。
そして明かされるアシェラッドの生い立ち。

新しい町に移動してクヌート王子の暗殺事件などが起こって次巻。

幸村 誠: ヴィンランド・サガ 7 (7) (アフタヌーンKC)

幸村 誠: ヴィンランド・サガ 7 (7) (アフタヌーンKC)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2009

夢枕 獏: 荒野に獣慟哭す 9

記憶をなくした男が超人的な能力と共に自らの過去と陰謀に立ち向かっていく話。原作小説のコミック化第9弾。

メキシコ編も佳境に入り、アクションシーンが続くが微妙な敵対関係に今ひとつついて行けない。
説明シーンもあるものの、しっくりこないのは記憶力が悪くなったのか。
単行本なのだから、前に相関図くらい欲しいところでもある。

夢枕 獏: 荒野に獣慟哭す 9 (9) (マガジンZコミックス)

夢枕 獏: 荒野に獣慟哭す 9 (9) (マガジンZコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2009

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 10

プロ棋士への夢を絶たれ、賭け将棋で生きる"真剣師"として生きていこうとする青年の話。

拉致され身ぐるみ剥がされて、組織の地下道場に放り込まれた主人公は、戦うしか抜け出す方法はないと気づき、次々と戦いを挑んでいく中、自分なりの戦法を編み出していく。

ようやく将棋シーンばかりで将棋マンガらしくなってきた巻。

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 10 (10) (ヤングジャンプコミックス)

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 10 (10) (ヤングジャンプコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2009

小川 一水: 不全世界の創造手

ものづくりから世界を変えたいと考える少年が、世界一のファンドマネージャーを母に持つ少女と組んで活躍する話。

主人公の少年が発明したのは一般的な砂から太陽電池ほどの電力で焼成パーツを造り、主要部材を与えることで自らを複製していくロボット。
これを世界の最貧国へと持ち込み、一台から現地で数万台に増やし、土木工事などを行わせ、貧困の元となっていた要素を根絶していく。

面白いのは、土木工事などで生計を立てていた現地住民との争いも描かれていること。
主人公はそれに対し、いつまでも巨額な予算を必要とするような単純な作業で構成される工事はロボットに任せ、その上での農業や工業などの新しい生産性の高い事業に人間は集中すべきと説く。

ストーリーのクライマックスは、生産性向上をさらに過激に推し進めようとする組織との争いになるのだが、そこでこれまで生活してきた現地住民との確執の場面の方が面白いし、考えさせられる。

目の前にあるトラブルを片付けられてしまったとき、人間は何をすべきなのだろうか。
それがタイトルにある不全世界につながっていくような気がする。

小川 一水: 不全世界の創造手(アーキテクト) (朝日ノベルズ)

小川 一水: 不全世界の創造手(アーキテクト) (朝日ノベルズ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2009

夢枕 獏: キマイラ 6

その体の中に異形のものを飼っていることを感じ始める少年の話。1991年、1992年に文庫で刊行され、2001年の単行本化を経て、新書版となって刊行された第六巻。

前半は吐月によるチベットでの回顧談、それに亜室健之の別荘における久鬼麗一の奪還劇から久鬼のキマイラ化による逃亡。

後半は、亜室に呼び出された雲斎と大鳳が不在の円空山に現れた久鬼玄造と宇名月典善、対する九十九との間で格闘が始まり、緊迫するところで吐月が現れ、久鬼玄造に向かって20年前の呼び名を呼ぶところまで。

こんなに盛り上がって良いものか、と感じるほど新しいネタが盛り込まれていく巻。

夢枕 獏: キマイラ 6 (ソノラマノベルス)

夢枕 獏: キマイラ 6 (ソノラマノベルス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2009

夢枕 獏: キマイラ 5 狂仏変・独覚変

その体の中に異形のものを飼っていることを感じ始める少年の話。1988年、1989年に文庫で刊行され、2001年の単行本化を経て、新書版となって刊行された第五巻。

主人公・大鳳孔はこもっていた山を下り、久鬼玄造の屋敷に出向き、捕らえられそうになったところで巫炎に助けられ雲斎の元に戻る。

久鬼は体の変化を止められなくなりつつあり、狂仏の指導を仰ぐ。

九十九は道灌と高野山で荒行を行っている吐月という沙門に出会う。

分量は多いが、時間としては非常に短い中での出来事に感じられる。

夢枕 獏: キマイラ 5 狂仏変・独覚変 (ソノラマノベルス)

夢枕 獏: キマイラ 5 狂仏変・独覚変 (ソノラマノベルス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | May 2009 »