« 獣木 野生: 蜘蛛の紋様 (3) | Main | 二宮 ひかる: シュガーはお年頃 2 »

June 30, 2009

津田 雅美: ちょっと江戸まで 1

江戸幕府405年後という架空の世界を舞台に隠し子が江戸に出てきて非常識な行動でお騒がせする話。

隠し子や男として育てられた女の子、良家に預けられて騒ぎを起こす自然児、といった設定はありきたりとは言え、そこそこ面白く見せる。

ただ、それをなぜこのような舞台設定にしたのか疑問が残る。
別に今の年代に合わせたことによるトリックめいたエピソードは見あたらず、そのまま江戸時代でも違和感はなさそうに見える。

単に江戸時代にしてしまうと窮屈だとか、やりにくいといった後ろ向きな動機だったら評価はできない。
設定を生かした展開を期待したい。

津田 雅美: ちょっと江戸まで 1 (花とゆめCOMICS)

津田 雅美: ちょっと江戸まで 1 (花とゆめCOMICS)

|

« 獣木 野生: 蜘蛛の紋様 (3) | Main | 二宮 ひかる: シュガーはお年頃 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 津田 雅美: ちょっと江戸まで 1:

« 獣木 野生: 蜘蛛の紋様 (3) | Main | 二宮 ひかる: シュガーはお年頃 2 »