« 夢枕 獏: キマイラ 8 群狼変・昇月変 | Main | 夢枕 獏: 闇狩り師 »

June 11, 2009

春日 武彦: 心の闇に魔物は棲むか―異常犯罪の解剖学

精神科医の著者が話題となった事件をネタにその論評などに対し精神科医としてのコメントを加えている本。1996年発刊のハードカバーの文庫化。

宮崎勤事件を発端に、精神科医もしくは精神医学用語が事件の謎を解く中で、また犯人が捕まった時点でその動機を探る上でマスコミに登場するようになってきている。

そうした事件の論評やコメントを具体的に取り上げ、精神科医の現場から見た誤解や偏見、言葉の都合の良い(ねじ曲げられた)解釈などを解説している。

精神科医は人の心を読み取る超能力者ではないこと、どんなに独特と思われても患者としてはいくつかの類型に当てはめていくこと、治療は催眠術やカウンセリングだけではなくもっぱら薬を使うことなどの実態をつまびらかにし、そこから遊離した世界の中でイメージで語られる犯罪者は実像から遠ざけるだけではないかと著者は憤る。

また、裁判における精神鑑定医という役割が資格制度でないこと、精神科医としては制約が多く、通常患者と向き合うのとは異なる手法をとらざるを得ない事情も批判的に公にし、そうした事情を知らずに鑑定を批判する向きをも批判している。

著者のほかの本を読んでいる身としては、柔和な印象と語り口に慣れてきたので、この本では意外なほど尖った印象を持つ。
事件については詳しくまとめられており、事件マニアには都合がよいかもしれない。
特に『多重人格探偵サイコ』のTVドラマ版を気に入っている人は元ネタとなっている事件くらいは押さえておいた方がよいだろう。

春日 武彦: 心の闇に魔物は棲むか―異常犯罪の解剖学 (光文社知恵の森文庫)

春日 武彦: 心の闇に魔物は棲むか―異常犯罪の解剖学 (光文社知恵の森文庫)

|

« 夢枕 獏: キマイラ 8 群狼変・昇月変 | Main | 夢枕 獏: 闇狩り師 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/45279007

Listed below are links to weblogs that reference 春日 武彦: 心の闇に魔物は棲むか―異常犯罪の解剖学:

« 夢枕 獏: キマイラ 8 群狼変・昇月変 | Main | 夢枕 獏: 闇狩り師 »