« 浦沢 直樹: BILLY BAT(3) | Main | ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- »

April 30, 2010

津田 雅美: ちょっと江戸まで 3

江戸幕府405年後という架空の世界を舞台に隠し子が江戸に出てきて非常識な行動でお騒がせする話。

すっかり珍妙でなんでもアリなこの設定にも馴染んでいるようで、日常のエピソードが楽しく描かれている。

最初の巻ではあまりの設定に怒りにも似た感情もあったが、ここまで来ると楽しそうだからいいか、という気にもなってきた。
それはそれで大したものだと思う。

津田 雅美: ちょっと江戸まで 3 (花とゆめコミックス)

津田 雅美: ちょっと江戸まで 3 (花とゆめコミックス)

|

« 浦沢 直樹: BILLY BAT(3) | Main | ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 津田 雅美: ちょっと江戸まで 3:

« 浦沢 直樹: BILLY BAT(3) | Main | ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- »