« 高屋 良樹: 強殖装甲ガイバー (27) | Main | 津田 雅美: ちょっと江戸まで 3 »

April 29, 2010

浦沢 直樹: BILLY BAT(3)

第二次大戦後すぐの日本を舞台に、自分の作品が模倣であることを疑い日本にやってきた日系アメリカ人のマンガ家の話。

だったはずだが、前巻から巻物だか古文書だかをめぐる時空を超えた争奪戦が描かれるようになり、この巻では戦国時代の忍者の様子がメインに描かれている。

この巻だけ読めば忍者モノとしか思えないだろう。
作者の器用さはわかるけれど、先行きの展開が心配にならざるを得ない。

浦沢 直樹: BILLY BAT(3) (モーニングKC)

浦沢 直樹: BILLY BAT(3) (モーニングKC)

|

« 高屋 良樹: 強殖装甲ガイバー (27) | Main | 津田 雅美: ちょっと江戸まで 3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 浦沢 直樹: BILLY BAT(3):

« 高屋 良樹: 強殖装甲ガイバー (27) | Main | 津田 雅美: ちょっと江戸まで 3 »