« May 2010 | Main | July 2010 »

June 29, 2010

大武 ユキ: フットボールネーション 1 脚のきれいな選手求む!

独特なサッカー観を持つ監督が率いる東京都社会人3部のチームが天皇杯制覇を目指す話。

サブタイトルになっている「脚のきれいな」という表現は、ハムストリングスを使えることで体幹がしっかりして倒れにくく、正確なキックが出来るというサッカー選手として優れた資質があることを示したもの。

これに加えて、俯瞰能力などゲームに必要な力を重視する監督の理論がベースになってストーリーは進む。

草サッカーの助っ人をしている少年院あがりの少年や、横浜のプロチームで活躍する日本代表選手との因縁なども描かれるが、展開が早く、謎がすぐに判明していくテンポの良さが面白い。

あまり連載を長くやるつもりがなかったのかも、と思ったりするが、監督の経歴もすぐに分かってしまうあたりも好感が持てる。

大武 ユキ: フットボールネーション 1 脚のきれいな選手求む! (ビッグコミックス)

大武 ユキ: フットボールネーション 1 脚のきれいな選手求む! (ビッグコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2010

川西 蘭: セカンドウィンド 2

高校の自転車部でロードレースに挑む少年の話。ピュアフル文庫から版元を変えて再版されたもの。

この巻では1とは異なり、すぐに分かるほどピュアフル版からの修正は見られなかった。

改めて読むと、最初に読んだ時に違和感を感じた主人公のスランプ状態から始まるストーリーも割とすんなり入ってきた。

なにより、直に発売される続編が楽しみ。

川西 蘭: セカンドウィンド 2 (小学館文庫)

川西 蘭: セカンドウィンド 2 (小学館文庫)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2010

川西 蘭: セカンドウィンド 1

自転車ロードレースに挑む少年の話。ピュアフル文庫から2007年に刊行された作品が版元を変えて再版されたもの。

再版にあたって加筆修正されたと書かれるのは一般的で、この作品も例外ではない。
ただ、それが明らかに分かる例は決して多くないが、この作品では読んで分かる修正が何箇所もある。

最も大きいのはピュアフル版が二部構成だったのに対し、小学館版にはそうした分かれ方はしていない。
また、ピュアフル版のセカンドウィンド2で唐突に出てきた登場人物の人間関係が違和感なく挿入され、整合を取る形になっている。

それ以外にも細々とした描写や言葉遣いに修正が加えられている印象を受ける。

改めて読んでも、自転車ロードレースと出会った少年がクラブチームの練習に参加し、そこの生存競争の雰囲気に馴染めず、また地元で自転車に乗り始めるまでが気持ちよく描かれている。

この作品をきっかけに自転車に乗ってみたいと思わせるものがあるように感じる。

川西 蘭: セカンドウィンド 1 (小学館文庫)

川西 蘭: セカンドウィンド 1 (小学館文庫)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2010

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE

気弱な少年がヒト型戦闘体エヴァンゲリオンに乗り込み、謎の存在である人類の脅威・使徒と戦う話。1995年に放映されたアニメーションのRebuildとして新たに制作された2009年公開作品。初見。

前作の「序」は1995年当時のエピソードをなぞったものだったが、この「破」からオリジナルストーリーになるというので、頭を空っぽにしてみたが、そこかしこに見覚えのあるシーンが出てきた。
なるほど、まったくオリジナルと言うわけではなく、使徒やシーンのいくつかはそのまま流用されている。

この作品からの新たなキャラクターとなるアスカとシンジ、レイとの三角関係っぽいエピソードが長めになっているけれど、アスカのシンジに対する思いがレイへの対抗心だけなのか否かがあまり表現されていない。

まったくの新キャラクターであるマリの謎めいた行動も謎すぎていて、ちゃんと裏でつながっているんだろうけど不安になる。

終盤の戦闘シーンは切れ目が無く、シンジが離脱して家出するエピソードも深みに欠け、そのせいで戦いの現場に戻るのが軽く見えてしまう。

なんにせよ、最後はどのように決着をつけようとしているのか、楽しみではある。

特典に収録されているNOGUCHI Ver.が効果音入りのラストシーンだと知るまで、ラストに効果音がないことに気付かなかった。

: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2010

榛野 なな恵: Papa told me 〜カフェで道草〜

永遠の父子家庭、知世ちゃんと作家のお父さんを描いた作品の最新刊。

この巻には、久しぶりに世間の悪意のない言葉の暴力を描いたエピソードが収められている。
その他にも、恋ごころモノもいくつか。

割と初期のPapa told meに近い印象を受ける。

榛野 なな恵: Papa told me 〜カフェで道草〜 (クイーンズコミックス)

榛野 なな恵: Papa told me 〜カフェで道草〜 (クイーンズコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2010

なるしま ゆり: 鉄壱智 7

地域の神々と都との争いを描いた作品。

話の流れは相変わらずよく分からないのだが、主要メンバーが都に入ろうとしているというのは分かる。

ただ、それだけでは分かりにくくなる一方のエピソードばかりだったりするのだが。

なるしま ゆり: 鉄壱智 7 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

なるしま ゆり: 鉄壱智 7 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2010

岡田 芽武: SHADOW SKILL(6)

「魔導力」の存在する世界に生きる闘士たちの姿を描いた作品。

前巻からかなり間が空いているため、舞台が今ひとつわかりにくいが派手なアクションシーンは相変わらず。

あとがきにあるカバーのナイフと傷の話がどれを指しているのか、よく分からなかった。

岡田 芽武: SHADOW SKILL(6) (アフタヌーンKCデラックス)

岡田 芽武: SHADOW SKILL(6) (アフタヌーンKCデラックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2010

桑田 乃梨子: 888 スリーエイト 5

やる気のない探偵事務所の話。

甘やかされて育ち苦労を知らない所長、有能だけれど犬好きで犬との時間を最優先に考える所員、仕事がないことに不満を言いながら馴染んでいる事務員の3人組が巻き起こすスチャラカな日常を描く。

まったりした日常の中に起こるイベントの何気なさがまた笑いを誘う。
ちょっとサブキャラクターが増えてきた印象。

桑田 乃梨子: 888 スリーエイト 5 (バーズコミックス ガールズコレクション)

桑田 乃梨子: 888 スリーエイト 5 (バーズコミックス ガールズコレクション)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2010

東のエデン 劇場版I The King of Eden + Air Communication Blu-ray プレミアム・エディション

謎の携帯電話を持った青年と女子大生の活躍を描いた2009年放映のアニメーション作品の続編として劇場公開された作品。初見。

TV放映分から半年後という舞台設定で、学生サークル「東のエデン」がベンチャー企業として起業しており、森美咲はそこで働きながら、行方不明となっている謎の青年を気にかけている。

青年の行方を探すことを目的にニューヨークに向かった森美咲だったが、謎の携帯電話を持ったセレソンと呼ばれる連中の様々な思惑により、トラブルに巻き込まれていく。

何かが起こりそうでまだ起こらないというところで後半へと続く。
後半はいつ見られるだろうか。

: アマゾン限定 東のエデン 劇場版I The King of Eden + Air Communication Blu-ray プレミアム・エディション【初回限定生産】

アマゾン限定 東のエデン 劇場版I The King of Eden + Air Communication Blu-ray プレミアム・エディション【初回限定生産】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2010

茄子 スーツケースの渡り鳥 [Blu-ray]

ヨーロッパの自転車ロードレースチームを描いたアニメーション作品。

DVDで観ているので、話の筋は概ね記憶にある。
それでも、ライバル選手のナゾの行動はやはり分からず。

こちらは16:9のワイド画面でBlu-rayの高画質をフルに活かしている。

舞台がジャパンカップということで、映像特典には実写映像と作品中のシーンの比較があり、面白く見ることができる。

: 茄子 スーツケースの渡り鳥 [Blu-ray]

茄子 スーツケースの渡り鳥 [Blu-ray]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2010

茄子 アンダルシアの夏

第56回カンヌ国際映画祭[監督週間]に出品された高坂希太郎監督のアニメーション作品。

スペイン・アンダルシアを舞台にした自転車ロードレースを描いている。
DVDで観ているが、久しぶりに観ると短い時間に様々なエピソードが詰まっていたことを改めて気付かされる。

主人公・ぺぺの声を演じている大泉洋が、あまり顔を想起させないという意味でのウマさに驚く。
対照的なのはカルメン役の小池栄子か。

画面はBlu-rayの解像度でも粗さは見えず、鮮やかさが気持ちよい。
ただ、画面が4:3なのは残念。

エンディングテーマの忌野清志郎の「自転車ショー歌」も良し。

: 茄子 アンダルシアの夏 [Blu-ray]

茄子 アンダルシアの夏 [Blu-ray]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2010

草場 道輝: LOST MAN 8

記憶を失ったもののサッカーだけはできる男とそのマネージメントを勤める男のコンビが世界中を回る話。

イングランドに渡り、マンチェスター・ユニオンにアマチュア登録で入団しプレシーズンマッチで注目を浴びたマツモトは、マネージメントを勤めてきたサカザキと祝杯をあげる。
その席で、サカザキはマツモトにマネージメント契約の終了を告げ、これまで隠してきたマツモトの過去を明かす。

そろそろ明らかになっても良い頃だと思ったが、このマツモトの過去はアリなのか?
いくらなんでも無理があるのではないか、ということから、まだ裏があるのかと深読みしてしまうが、果たして。
意外にこのままなのかもしれない。

草場 道輝: LOST MAN 8 (ビッグコミックス)

草場 道輝: LOST MAN 8 (ビッグコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2010

曽田 正人: MOON―昴 ソリチュード スタンディング― 6

天才バレエダンサーを描いた作品。同じ作者の「昴」の続編となる新作。

ヴァルナ国際バレエコンクールの1次を終えて中国雑伎団出身のシュー・ミンミンの演技を目の当たりにしたスバルは、バレエへの畏れを感じなくなってきている自分に不安を抱く。
そこで、ユーリは2次の演技で1次の演技とは正反対の「気配を消す」ことをスバルに求める。

後半はシュー・ミンミンの幼い頃のエピソードを描き、二人が共通して影響を受けたプリシラ・ロバーツの存在の大きさを描いて次巻。

曽田 正人: MOON―昴 ソリチュード スタンディング― 6 YOUNG GUNS〜若い力たち〜 (ビッグコミックス)

曽田 正人: MOON―昴 ソリチュード スタンディング― 6 YOUNG GUNS〜若い力たち〜 (ビッグコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2010

中村 光: 聖☆おにいさん(5)

世紀末を乗り越えたブッダとイエスが下界に降りて二人で中央線沿線当たりのアパートで共同生活している話。

相変わらずまったりした雰囲気の中で随所に挟まれる宗教ギャグは健在。
前巻あたりでは、宗教ネタがマニアック(と言って良いものか)なレベルになっていたが、登場するキャラクターも固定化され、あまり高度なものは見られなくなっている。

中村 光: 聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)

中村 光: 聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2010

大和田 秀樹: ムダヅモ無き改革(4)

国際政治を舞台に各国首脳が麻雀対決を展開するコミックの第4弾。

第2巻から世界共通の敵として復活したヒトラー対主要国首脳という対決になっていたが、この巻ではヒトラーと小泉との大将戦を前にヒトラー側はロンメルの反乱により一時休戦。
その間に小泉はヒトラーの技を秘密を探るため、量子力学で奇跡を解き明かしたり、かつてヒトラーに勝利したことのある人物を恐山のイタコに呼び出してもらったりする。

くだらないといえばくだらないが、いずれも気恥ずかしさもなく徹底している分、きちんと笑える。

大和田 秀樹: ムダヅモ無き改革(4) (近代麻雀コミックス)

大和田 秀樹: ムダヅモ無き改革(4) (近代麻雀コミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »