« 小川 一水: 天冥の標 2 救世群 | Main | 外薗 昌也: 幕末狂想曲RYOMA 1 »

July 28, 2010

川西 蘭: ブッダ

僧侶でもある著者によるブッダの生涯を逸話を重ねる形式で描いた作品。

小説家がブッダの生涯を描いているということで、もっと文学的な描写が多いかと思ったが、意外に淡々とした印象の文体でエピソードが語られている。

また、構成も悟りを得て仏陀となるまでを延々と長くするかと思いきや、最初の章であっさり悟りを開いてしまうのは、いささか拍子抜けな感もある。分量的には悟りを開いてからのエピソードが多く、聖書のような印象も受ける。

また、日本初のイラストレーターと呼ばれているらしい長尾みのる氏の挿絵が得も言われぬ雰囲気を醸し出している。

川西 蘭: ブッダ

川西 蘭: ブッダ

|

« 小川 一水: 天冥の標 2 救世群 | Main | 外薗 昌也: 幕末狂想曲RYOMA 1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/48982073

Listed below are links to weblogs that reference 川西 蘭: ブッダ:

« 小川 一水: 天冥の標 2 救世群 | Main | 外薗 昌也: 幕末狂想曲RYOMA 1 »