« 外薗 昌也: 幕末狂想曲RYOMA 2 | Main | 安彦 良和: 愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 開戦編 »

November 14, 2010

内藤 泰弘: 血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム―

かつてニューヨークと呼ばれ、現世と異界の入り交じる街、ヘルサレムズ・ロットを舞台に、超人秘密結社「ライブラ」の活躍を描いた作品。

この巻では、チェスと将棋を進化させた『プロスフェアー』というゲームを鍵にして異界との関わり合いが描かれる。
そして敵として明らかにされる吸血鬼という存在。

アクションはあくまで激しく、異界の存在も迫力ありつつ魅力的に描かれている。

これは、続くんだよね?

内藤 泰弘: 血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム― (ジャンプコミックス)

内藤 泰弘: 血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム― (ジャンプコミックス)

|

« 外薗 昌也: 幕末狂想曲RYOMA 2 | Main | 安彦 良和: 愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 開戦編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/49973687

Listed below are links to weblogs that reference 内藤 泰弘: 血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム―:

« 外薗 昌也: 幕末狂想曲RYOMA 2 | Main | 安彦 良和: 愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 開戦編 »