« 夢路 行: あの山越えて 17 | Main | 大和田 秀樹: ムダヅモ無き改革 5 »

January 13, 2011

浦沢 直樹: BILLY BAT(5)

第二次大戦後すぐの日本を舞台に、自分の作品が模倣であることを疑い日本にやってきた日系アメリカ人のマンガ家の話。

だったが、アメリカに戻った主人公は自分の作品がアシスタントの名前でメジャーなものになっていることを知る。

しかし、主人公の描く作品には未来に起きる事実が含まれていることを知る様々な組織に主人公は追われる。
そんな中、作品はリー・ハーヴェイ・オズワルドを描き出す。

KKKなどアメリカ南部の黒人差別を描きながら、ケネディ狙撃事件の日が刻一刻と近づいていく様は緊迫感があって面白い。

浦沢 直樹: BILLY BAT(5) (モーニングKC)

浦沢 直樹: BILLY BAT(5) (モーニングKC)

|

« 夢路 行: あの山越えて 17 | Main | 大和田 秀樹: ムダヅモ無き改革 5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/50536223

Listed below are links to weblogs that reference 浦沢 直樹: BILLY BAT(5):

« 夢路 行: あの山越えて 17 | Main | 大和田 秀樹: ムダヅモ無き改革 5 »